フルモデルチェンジのホンダ・N-WGN 事前予約は1万2千台  スタートはまずまず?

軽自動車

ホンダの販売する軽自動車N-WGNがフルモデルチェンジを受けて、2019年8月9日に販売が開始されました。

事前予約数が1万2千台だった事がホンダからアナウンスされました。 月販目標が7000台ですから2倍には届かなかったもののまずまずといったところでしょうか?

落ち込んでいた軽自動車部門のテコ入れとしてNシリーズが投入されましたが、その第4弾としてトールワゴンタイプの軽自動車として販売がスタートしたのがN-WGNです。

初代が2013年に販売がスタートしていましたので、6年振りにフルモデルチェンジを受けての新登場となります。

滑り出しはまずまず? ライバルから比較してみる

2018年度(2018年4月~2019年3月)の新車販売の1位は約23.9万台もちろん同じホンダのN-BOXなのですが、N-WGNはというと約5.6万台で10位でした。

ホンダの中では2番目に売れてはいるものの、N-BOXとの差は約18.3万台と実に1/4となっています。 

N-WGNが少ないのですが、N-BOXだけが別格ではあるのでこの数字はあまり意味がないかもしれません。 それよりもこちらの方が重要です。

それは同じトールワゴンのライバル達の動向です。

日産・デイズ     約14万台    4位   (ランキング)
ダイハツ・ムーブ   約13.2万台   5位
スズキ・ワゴンR   約10.2万台   7位
三菱・eK       約4.5万台   11位 

ライバルの中でも一番ランキングが低いワゴンRに対しても1/2となっています。
なのでN-WGNが苦戦しているというのがわかります。
販売力でも劣るeKにさえ肉薄されているのです。 しいて言うと新型のeKは評判がいいですから逆転されてもおかしくないでしょう。

軽自動車の売れ筋としては2番目となっているトールワゴンですが、ライバルを見る限りは売れていないわけではないのです。

いわばN-WGN一人負けの状態が続いていたわけです。


《 新車 ホンダ N-WGN CUSTOM 2WD 660 Lターボ Honda SENSING 2トーンカラースタイル 》

フルモデルチェンジの力を得て劣勢をはねのけるか?

2019年7月の最新の動向からもう一度ライバルを含めて動向を見て見ましょう。

日産・デイズ     約1.4万台   2位
ダイハツ・ムーブ   約1.0万台   5位
スズキ・ワゴンR   約0.6万台   7位
三菱・eK       約0.3万台   11位

デイズはフルモデルチェンジ後なのでその効果があると思いますが、あの日産という事を考慮すれば支持されていると言ってもよいでしょう。

軽自動車ナンバー1ではないですが、トールワゴンではナンバー1を続けているだけはあるなと感じます。 この感じだと新型も安定的に売れるのではないでしょうか。

ムーブもモデル末期ながらやはり強いですね。 

軽自動車トールワゴンはデイズ・ムーブの2強争いというのが現状です。

ワゴンRは人気女優をCMに抜擢もしていますが、人気は戻る気配がありません。 アルトで採用したレトロ感のあるかつてのモデルを彷彿とさせるデザインは支持を受けていないと思ったほうがよさそうです。

そう考えると正統派なデザインからスクエアでレトロ感のあるデザインを採用した新型N-WGNは難しい気がします。

月販目標もデイズの7月の実績からしたら約半分ですから、首位を狙わないクルマを目指したものなのかと感じます。 ジムニーの様なクルマならばわかりますが、N-WGNが数を求めない設定というのもそもそも疑問でしかありません。

という事で似たようなデザインの方向性から、私はN-WGNは販売台数では厳しいと予想します。

ACC採用で戦闘力はクラス最高峰のホンダ・N-WGN

自動運転に続く技術 ドライバーアシスト技術の進化と採用が続きますが、その恩恵を今一番受けた技術が渋滞追従付きのオートクルーズ(ACC)です。

性能の向上もあり今では軽自動車でも高速道路を使ってのロングドライブも当たり前になっています。 日本でのシェアも4割ですから当然なのですが・・・。

ということでACCは必須の装備になりつつあります。 

先行車に自動で付いて走るだけでなく、停止すれば自動で停止してすぐならばそのまま自動で再スタートするとなればそりゃ欲しいってなりますよね?

ただのクルーズコントロールだってなんて楽なんだと思いませんでしたか? オートライトの様にすぐに当たり前にある装備の1つになる程のものだと思います。

装備や安全性といった分野については、現在のホンダの最新の技術が惜しみなく投入された安心・安全なクルマであることは間違いないです。

あとは見た目を気にするのかどうか?ではないかと思います。 気にしないのであれば悩んでいるならばかいといっていいでしょう。

コメント