プジョー  傘 アンブレラ

フランス最大の自動車メーカー「プジョー」の傘(アンブレラ)の紹介です。
プジョーファンの皆さん必見です!

グループPSAの一角プジョー 

世界中には数多くの自動車メーカーがありますが、現在単独で経営を続けているのはほんの僅かです。
自動車の置かれている現状がとても厳しい為に、大きな力としないとすでに経営努力だけでは太刀打ちできないところまで来ています。

プジョーが参加するグループPSAも同様で、メーカーが集結する事で生産効率・開発費など効率よく資産を傾けられるような体制となっています。

日本の誇るトヨタでさえもグループ化での効率化を達成しています。 トヨタでさえもこうしないと厳しいと思えば理解できるのではないでしょうか?

欧州車メーカーの中でもプジョーはあまり接点がないという方は多いのではないでしょうか?
ライオンマークが特徴なのですが、ヨーロッパ大手に押されているのでなかなか日本ではお目にかかる機会は少ないです。

シトロエン・オペルといったPSAのもつブランド自体が日本ではマイナーなので認知度も低い。
日本メーカーが得意とするコンパクトカー~と主力が被るのもプジョーが目立たない理由です。

今回はそんなプジョーの傘(アンブレラ)の紹介となります。
なかなか渋いデザインと色使いののでシーンを選ばずに使える傘となりそうです。 
憂鬱になりがちな雨がおおい日本ですが、オシャレな傘で少しでも気分を上げてもらえたらと思っています。

楽天で販売しているプジョーの傘


プジョー純正 WRX 長傘 アンブレラ WRX18P


プジョー純正 GTi ロゴ入り 傘 アンブレラ サイズ 長さ 約83cm 直径 80cm 16LGTI602

世界で10位の販売台数を誇るグループPSA

2018年の統計で世界販売台数10位を記録しているのがグループPSAです。

但し10位といえどトップのフォルクスワーゲングループには約600万台ものさがをつけられています。
日本の2018年の販売台数がおよそ500万台ですから、日本分の差がある事になります。

自動車離れだのなんだのと叫ばれていますが、世界で見たらまだまだ上位に位置する市場です。

なので多くの自動車メーカーが参入していますが、全てがうまくいっているわけではありません。
世界で見ると意外な程日本は寛容な国なのですが、自動車に関してはすでに明暗は決しています。

アメリカの一人負け状態です。 かつてビッグ3と呼ばれたGM・フォード・クライスラーも長年もがいていますが、正規販売すらされていない程のひどい有様です。
唯一Jeepぐらいなものです。

ただそれ以外は順調そのもので数を伸ばしているところがほとんどです。 

ただプジョーの様な日本メーカーと被るような量産車メーカーにとっては、難しい市場かなと思います。

同じグループでも個性あふれるシトロエンの方が今後さらに伸びる気がします。 唯一無二オリジナルというような特徴を持つ方がどうしても受ける傾向があります。
その分大きな数にはなりませんが、ファンを得る長く愛されるそういう視点でとらえるメーカーにとっては今後も魅力な市場であると言えるでしょう。

コメント