プジョー Peugeot 純正 スマホホルダー

スマートフォン関連

フランスの自動車メーカー「プジョー」車専用のスマホホルダーの紹介になります。
プジョーオーナーの皆さん要チェックです!

グループPSAの中心 プジョー

フィアットグループとの経営統合で一躍注目を集める事になったグループPSAの中心となるのがプジョーです。

このグループ化により現在フランス最大の自動車メーカーに君臨しています。 そして欧州でも覇を競うほどの販売台数を誇るグループとなっています。

日本でも2018年度において並み居る強力ライバルを押しのけて、7位の販売実績を上げています。

今回はそんな日本でも徐々に浸透しつつある自動車メーカー「プジョー」専用のスマホホルダーの紹介になります。

現代社会の必需品スマホは自動車の利用時にも大きな力になってくれる武器としても、存在はこれからもいっそう大きな存在となること間違いなしです。

そんなスマホだからこそちゃんとした置き場所というのが大事になってきます。 法律も変わりながら運転は厳禁ですから、しっかりと固定できる専用のホルダーできっちりと法を守り安全運転を心がけましょう!

Amazonで販売している「プジョー」のスマホホルダー


プジョー純正 スマートフォンホルダー スマホホルダー ドリンクホルダー固定式 電動アームホルダー 発光ロゴ フレキシブルマウント採用

年間1000万台規模のメーカーによる覇権争いになる

現在世界販売で1000万台を超える自動車メーカーは、フォルクスワーゲングループ・トヨタグループ・ルノー日産三菱3社連合の3つになります。

この1000万台という数字からこの3つのグループを1000万台クラブなんて言ったりもするようです。

これに次ぐGMも996.5万台ですので、ほぼ3強と同レベルといえなくもないのですが、減少し続けているだけにここに留まれるかは現状だと疑問ですね。

世界中で需要のある自動車ですから、規模によるメリットは大きい事から、この1000万台というのが戦えるラインになるのではないかと考えられているのです。

FCAとグループPSAによる経営統合では2018年ベースの販売台数では784.6万台となりますので、残念ながらこのラインは越えられません。
なのでFCAの野望としては更なる規模の拡大先を探すのでは?と予想されているのです。

そう思うとやはり注目になるのがルノーです。 ルノー単独ならば日産としては一番良いかなと思いますが、3社連合ごととなると規模では世界一を奪取できるでしょうが、問題の方が多い気がします。

何にしてもしばらくはルノーの動向は注目です。

そしてもう1つの注目はGMです。
かつてビッグ3と言われ世界を席巻したメーカーの1つですが、今はそんな勢いはありません。アメリカ市場に支えられている面が大きいのがネックです。

そうなってくるとここまで単独を貫いてきたホンダが提携を結んだのがGMなんですよね。 日本人にとっては何とも言えない気分になりますが、国同士も良好な関係にあるので、この組み合わせというのは悪くないと思います。

ホンダが強い地域ではホンダで、GMが強い地域ではGMでなどうまくブランドを使い分けるなど良好で対等なパートナーとして出来るならば良い組み合わせだと思うのですがね。

なのでホンダそしてGMの動きも注目をしています。

自動車の再編は避けて通れないであろう事から、今後の動向は要チェックです!

コメント