プジョー Peugeot iPhoneケース・カバー

スマートフォン関連

フランスの自動車メーカー「プジョー」のiPhoneケース・カバーの紹介になります。
プジョーファンの皆さん必見です!

最古の量産自動車メーカー プジョー

フランスといえば良くも悪くも日本では知名度が高くなってしまった「ルノー」のが有名です。
国の資本も入っている事から、何かと口を出し多くの日本人にとって印象に強く残ってしまったのではないでしょうか?

そんなフランスにも自動車メーカーは他にもあります。
その1つがプジョーです。

ルノーのエンブレムは日本ぽいシンプルなでざいんですが、プジョーは後ろ脚だけでたっているライオンがトレードマークとなっています。

フェラーリ程ではなりませんが、動物をモチーフにしている存在感のあるエンブレムがプジョーの証です。

今回はそんな日本でも人気のあるプジョーのiPhoneケース・カバーの紹介になります。

衝撃や傷から守るだけではなく、着飾るアイテムとしても人気が高く皆さんの個性を表現する鏡としても定着しています。

加工もすることなく簡単に取り付ける事もできるので、皆さんもこの気化にぜひご活用ください!

Amazonで販売している「プジョー」のiPhoneケース・カバー

Amazon | プジョー エンブレム アルカンターラ iPhone スマホ ケース (iPhone X/XS) | ケース・カバー 通販
プジョー エンブレム アルカンターラ iPhone スマホ ケース (iPhone X/XS)がケース・カバーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

PSAとFCAの統合は再編のスタートの合図になる?

欧州市場で強さを見せるPSAと、北米で強いFCAの統合が発表されました。
当初FCAはその相手としてルノーにターゲット合わせていたのですが、知っての通りうまくいきませんでした。

その話題がまだ消え去る前にPSAとの統合。
これにはびっくりさせられました。

一番びっくりしたのはルノーだったようで、統合はまだ模索中なんてメッセージを出しちゃうぐらいでしたから、焦りさえも感じさせるメッセージでした。

日産が想定以上に不振にあえいでいますから、ルノーとしてもおしりに火がついているのでしょうか?

さて現在自動車産業は登場以来の変革の時を迎えています。
自動運転・次世代エネルギーと大きな2つの流れにどう対応するか? 世界中の自動車メーカーが悪戦苦闘を続けています。

確立していない技術がまだ多い事から、開発費等が多くかさみ危機感をあおるような事になってしまっています。

その荒波をうまく乗りこなす為に自動車再編が秘密裏に進行しているというわけです。
既にここまでにグループ化が進んでいますが、それでは足りそうもなく今後もまだまだ統合の話は聞く事になるでしょう。

ただ今のところは動きは鈍いようですが・・・・。

コメント