ホンダ・インサイト 特設ページで新型が公開中!

登録車

ホンダ初のハイブリット車として1999年に誕生したホンダ・インサイト。燃費は当時最高水準ではありましたが、見た目のインパクトこそあったものの販売台数は伸び悩み、国内販売はわずか2300台だったとか。

通勤時によく見かけていたのでそこまで少なかったとは思っていなかったのですが、決して脚光を浴びるクルマではありませんでした。

第2世代は当初は売れたものの、プリウス人気が最高潮に達したため、徐々に消えていってしまいました。 スタイルもプリウスに似通ったためこれも不興の原因かと感じます。 ただ空気抵抗を抑えるためにデザインをとると似てしまうと言う事で意図していなかったようですがね。

 

ホンダの公式サイトです!

ホンダ得意のスポーティ色を強めたハイブリットとして再登場か?

という事で、以前のモデルを少しおさらいしたところで最新の第3世代の話になるわけですが、画像と説明を見る限りプリウス同様万人向けというよりは、スポーティよりなハイブリット車という事で登場するようです。

フロントフェイスも今流行りの「つり目の悪顔」で威圧感が結構ハンパないです。 直近のホンダのスタイルとも違うので、これは結構かっこいいかもしれません。 スタイルだけなら販売台数は期待してしまうレベルですね。

フロント・サイド・リアと3方向からの映像が見れるわけですが、どれをとってもカッコイイ!

近年のホンダのデザインとは違いボディラインも綺麗で美しい仕上がりです。 空気抵抗を減らす目的もあって全体的に緩やかな形状なので、大人の乗るセダンって仕上がりです。 ハイブリットとかをイメージさせるものでなく、普通にカッコイイクルマというのが好印象を生んでいるように感じます。

4ドアセダンとなった事でカッコよさがUP!

プリウスとは完全に決別したので、全く異なるアプローチになるのが新型です。 詳細はまだ出ていないのですが、シビックとプラットホームを共通としているようで、そのせいもあり4ドアに変更となっています。

US仕様の方ですと、シビックの上級グレードのような形で販売なんだそうです。 おそらく多少の仕様変更はあるでしょうが、US仕様と同じと考えていい事でしょう。

とするとエンジンは前モデルからは排気量がダウンとなる1.5ℓエンジンとなり、2モーターでのアシストという形になるようです。

シビックとの共通化もされる事でしょうから、プリウス同様足回りも強化されハイブリットだからというユーザーに妥協を求めるものではなく、あくまでも通常のクルマ同様に普通に不満が出ないのはもちろんの事、走る楽しさを高次元で実現できるハイブリット車というのが新型の目指すところのようです。

プリウスが伸び悩んでいるのは、いまだプリウスは特別な1台というのが強いのが原因というのも大きいと思うのですが、インサイトはそれが出ていないので単純にカッコイイクルマとして、注目の1台になるのではないでしょうか?

欲しいクルマが今無いんだよなって方には、画像だけで判断するとオススメしたくなる1台です。 カッコイイし何より乗ってみたいなって、思わせる1台ですので気になった方は、ホンダの特設サイトまで足を運んでみるのがいいと思います!

現行のホンダのデザインが嫌だなって思っている方にも、新型インサイトは一見の価値ありですよ!


コメント