マクラーレンホンダ マルボロカラー 靴下

靴下

ホンダF1の栄光の時代の象徴「マルボロカラー」をモチーフにヒールトレッドがデザインした靴下の紹介になります。

マクラーレンホンダファンの皆さん要チェックです!

ホンダF1栄光の時代の記憶の象徴 マルボロカラー

ホンダそしてマクラーレンにとっても1980~90年代は最も輝かしい実績を残した時でした。

マニュファクチャラーズタイトルだけでなくドライバーズタイトルも手に入れ、まさにF1を席巻した時代でした。

セナとプロストという当時F1では最高峰の天才ドライバー二人を要したシーズンは圧巻という言葉がふさわしい年となりました。

これだけのシーズンを送れば勘違いしてしまうのも仕方がないというほどの、栄光の時代です。

さてそんなマクラーレンホンダの栄光の時代を彩った「マルボロカラー」をモチーフにデザインされたヒールトレッドの靴下の紹介になります。

楽天で販売している「マクラーレンホンダ マルボロカラー」の靴下


【ヒールトレッド/HEEL TREAD】MP4 靴下 ソックス Mclaren MP4 F1 フォーミュラ マクラーレン ホンダ アイルトン セナ プロスト ラウダ ベルガー アンドレッティ ハッキネン クルサード【メール便可】

印象に残るカラーリングが少ないのは寂しい現代のモータースポーツ

過去には「キャメル・マルボロ・ラッキーストライク」といったタバコ銘柄のスポンサー企業が多くモータースポーツに参戦していた事あり、色とりどりのマシンがサーキットを彩っていました。

全てを1色のカラーにするというのは、広告費というは莫大な金額になる事もあって現代は特徴あるカラーのマシンは数が少なくなってきています。

現代ではF1ではレッドブルぐらいでしょうか?
他に関しては複数企業や自動車メーカーの企業カラーなどになっているので、特徴が出にくくもなっています。

人気も他のプロスポーツとは違い人気が下がっていますし、広告を出す方にもメリットが上がりにくいですから仕方がない部分もありますね。

今ではYouTubeなどが人気が高いですから、より露出度が高い媒体にシフトするのは当然の流れですね。

なのでどうしてもモータースポーツの広告には自動車関連が増えてしまい、感情が入らないものへとなっているのが残念です。

日本では数少ないチームのカルソニックインパルも、カルソニックが合併しブランド名の廃止が決まっていますので、今後どうなるか・・・・。

コメント