マクラーレンホンダ F1 Tシャツ  2017 2016

Tシャツ

モータースポーツの最高峰F1に参戦中のホンダ。 ホンダF1参戦第4期の2017~2016シーズンを共に戦ったマクラーレンとのチーム、マクラーレンホンダのTシャツの紹介です。
ホンダそしてF1ファンの方必見ですよ!

栄光再びとはならなかったマクラーレンホンダのTシャツ

ホンダのF1史では現在は第4期にあたるのですが、ホンダにとってF1参戦第二期が最も光輝いたシーズンとなっています。 音速の貴公子「アイルトン・セナ」と「アラン・プロスト」を擁しF1サーキットを席巻したのをリアルタイムで見た方は多いのではないでしょうか?

数々の伝説を残し、今でもF1界に燦然と輝く記録も残すなど、記憶にも記録にも残すまさしく栄光に満ちた歴史です。

栄光を再びと第4期のパートナーとして再びマクラーレンと手を組みましたが、惨憺たる結果だった事は今更言うまでもない話ですね。

今回はそんな輝けなかったマクラーレンホンダ第4期のチームTシャツになります。 2度とないであろうマクラーレンとホンダのコラボTシャツですので、この機会にゲットしてくださいね。

今回紹介するのはAmazonで販売している商品になります。世界ナンバー1のECですので安心してお買い物を楽しんでいただければと思います。

製品一覧です

Amazon

ホンダとマクラーレンの誤算

2013年にF1復帰がアナウンスされて、2015年シーズンからマクラーレンホンダとして第4期がスタートされました。

1年開発に時間をかけたにもかかわらず、エンジンの信頼性・パワーどれをとっても満足出来るレベルにまで到達することなくこのシーズンは幕を閉じました。 当初よりは後半は戦闘力は上がったもののマクラーレンにとっては過去最低のシーズンランキングとなりました。

提携解消となる2017年までエンジンの総合力は満足するものにはならないままでした。 シーズン当初よりは後半の方が好調とそれを毎年繰り返すというなんだかちぐはぐなレース結果だったのを思い出します。

あまりにもエンジン関係でのリタイヤ等多かったのでホンダの方が主に問題を抱えていると思っていたのですが、それは違っていたようです。

ホンダはコメントを出していないのですが、マクラーレンの車体設計がエンジンに対して相当厳しいものだったという話や設計変更等があってもホンダにそれを通知しないなど、どういうつもりなのかと耳を疑うような対応をとられていたなど。

必ずしもホンダにだけ不調の原因があったわけではない事が報道がありました。 くしくも2018年から新しくパートナーとなった「トロロッソ」がそれを証明してくれました。

新しいPUを得たマクラーレンは見事に結果は上昇できず、ホンダのせいだったのかとさらに疑いの目は厳しくなっています。

そのホンダもマクラーレンよりも上とはいかず、こちらはこちらで一気に上位とはいかず下位に沈んだままの状態から抜け出せずにいました。

しかし2019年シーズンは初戦から3位入賞を果たすなど、ホンダ復活の雰囲気が満ちてきていますね~。 最高のマシンを作るレッドブルとの組み合わせはホンダ復活を決定づけるパートナーとして最高の相手に巡り合ったというべきなんでしょう。

まだ1戦だけなんで本物かどうかは未知数とは言われますが、事前テストからポジティブな話しか出ていませんでしたから、マクラーレン時代とは違うのだと認識するに十分な結果ではないでしょうか?

黄金期は来るのか分かりませんが、少なくても期待には応えてくれるシーズンとなることは間違いない事でしょう。

コメント