マツダ ロータリーエンジンの復活はスポーツカーではなくレンジエクステンダー?

登録車

2020年頃に復活するのではなんて話も出ていたロータリーエンジン搭載車両のRX-7の後継モデル。  コンセプトモデル「RX-VISION」の出来栄えも完成度が高かった事からも期待が高まってはいましたが、 やはりその可能性は低いようです。

排ガス規制の関係で休止しているわけですが、それに関してはどうやら目処は立っているようですが、その間に自動車を取り巻く環境はとてつもないスピードで変わってきています。 なので単純にロータリー搭載車両ではさすがに難しいと判断をしたのではないでしょうか。

ホンダのNSXもハイブリット。フェラーリでさえも電動化車両へとシフトしてきています。 日産の誇る「GT-R」も次期モデルは電動化が施されたモデルへと進化するといわれています。 ですのでいくら魅力的なロータリーエンジンと言えど、それだけでは難しいと考える方が自然な流れというものです。

コンパクトで振動が小さいロータリエンジンは発電用エンジンとしては魅力的

世界的に電動化車両へとシフトをしていますが、その答えとしてマツダが選択したのが軽量コンパクトそして振動が小さいという事でロータリーエンジンを発電用とした「RE レンジエクステンダー」というコンセプトカーにつながるわけです。

横に向けたり、フロントだけではなくリア側に搭載したりと軽量コンパクトを最大限に生かせる事を利用して様々なパターンが検討もされているそうです。 動力源としないとなると、ローターリーというのは意外なほどバリエーションが増えるのですよね。 もう横置きとか考えも及ばないものです。。。

スポンサーリンク

マツダの電気自動車の答えはREレンジエクステンダー

電動化やコネクテッドカーなどの技術戦略が公表された中で、マツダの電気自動車はRE(ロータリーエンジン)レンジエクステンダーとなる事が語られています。 マツダのEVに対する答えはこれなんですね。

まぁ通常のEVはトヨタとの提携関係の力を借りるという事で、マツダは独自の方に資本を集中する事になり、マツダの至宝がここで登場する事になるのですね。 トヨタとの提携が上手くここでいかされているのかなという気がしますね。 トヨタもこっちが良ければこちらをという選択櫛がでますし良い関係性なのかなと感じます。

さてこのREレンジエクステンダーには、新開発のロータリーエンジンが搭載されるそうです。 更なる新技術で燃費向上そして排ガス問題もクリアしていくのでしょう。

そしてこのREレンジエクステンダーの面白いのは、LPGをも緊急用としては使えるよう開発されるそうです。 ただ走行するという想定ではないような感じなのですが、緊急用の発電機としての活用できるようにという事です。

近年度々起こる自然災害。 今年も多くの災害が日本各地を襲いました。

マツダの工場も被害地域にあったりと、そうした事からもあっての事なのでしょう。 ただ走るだけではなく、発電用のクルマとして新たな役割を持たせる使い道もハイブリット化を目指すというのがマツダの見つけた答えなのかもしれません。

現代社会で電気が無いのは死活問題

災害があったからこそ、こうした考えにまで及んだのかもしれません。 便利なスマホも自分で充電する能力はありませんし、電気・家電・空調とあらゆるものが今は電気で動かす時代ですので電気がないとどうにもならないのですよね。

そうした場合に大きな戦力となるのが、太陽光パネルとEVという組み合わせとレンジエクステンダーによる発電機という2つで電力を作るというかたち。 選択肢は多い方が良いですし、1つがダメでも2つあれば可能性が出ますからね。 電源の違う方式が複数あるというのは災害時には大きなメリットになりますね。

ハイブリットやPHVでもできるようですが、どう考えてもレンジエクステンダーの方が効率よくんきが作れますしね。 逆転の発想というべきアイデアです。

AI化が進んでもマツダの技術者の皆さんは負けなそうだなと違う意味で感心してしまいました。 独自性・個性・ブレークスルー・技術の蓄積と共に凝り固まった概念から解放されると、意外な事が発想されるものですね。 まさしく今回の話はそんな事の代表例だなと。


コメント