マツダ MZRacing パーカー・フーディー  ロータリー

パーカー・フーディー

唯一無二の自動車メーカー「マツダ」そしてマツダのモータースポーツ活動を支える「MZRacing」そしてマツダの代名詞の1つ「ロータリーエンジン」のパーカー・フーディーの紹介です。

マツダファンそしてロータリーエンジンファンの方も必見ですよ!

マツダ ロータリーエンジンのパーカー・フーディーです

マツダの至宝ともいうべきロータリーエンジンの復活の道は険しいようですが、生産中止以降も国内外で変わらない人気を誇ります。 他に無いのは存在だけでなく、その形も特徴的な事からデザインとしても人気が高く最近ではファッションアイテムのデザインとしても注目されています。

今ではSUV人気で注目されていますが、やはりスポーツカーやモータースポーツ活動での活躍が今後期待されるメーカーです。

デザインはシンプルな黒地なので、どんなシーンでも着れる使い勝手の良いアイテムとなっています。 マツダファンの皆さんにはマストアイテムとしてお使いいただければと思います。

Amazonで販売している マツダのパーカー・フーディー一覧

 

Amazon.co.jp: MZRacing LOVE ROTARY スウェットパーカー (Msize): 車&バイク
Amazon.co.jp: MZRacing LOVE ROTARY スウェットパーカー (Msize): 車&バイク

マツダの未来はどうなる

世界的な自動車メーカーが多数ひしめき合う日本。 今では単独でやるには難しくグループに属するか提携関係を結ぶことで未来へ向かおうとしています。

マツダはトヨタとの提携という道を選び将来に向けて更なる飛躍に向けて飛び立とうとしています。 ただトヨタは多くのメーカーとの提携をしていて、それでいいのという疑問を持つ提携があるのも事実ですよね。

スズキなんてダイハツがあるのにって思いますし、現に日野があるのにいすゞも提携していましたが、違うグループにいってしまいました。 提携したからOKというわけではないのでいろいろありますよね。

マツダもタイプ的に似ているスバルがグループ内にいます。 特徴的なエンジンをもち走りに力を入れているので似たタイプですよね。

協業の深さというのは見た目でも違いはありますが、この先どっちが良いのかというのはとても不透明ですね。

日産と三菱というとまだ軽自動車の製造という補完できる部分がある事で、私達でも意味があるように見えますがそうじゃないとなかなか見えてきません。

化石燃料からの脱却も間近に迫った事で、今まで培ったエンジン技術は意味がほとんど失われるであろう事からも、難しさを増している理由にもなります。

4WD技術に関しても電気化が進みモーターでの4WD化もこれから普通になるでしょうからこれを売りにしているメーカーはこれからはどうしていくのだろうかと感じます。 目先は良いですが将来ブランドがどう残るのだろうかと・・・・・。

自動運転車になればどんなに評価を受けるカーデザインをしていても、自動車が所有するものでなくなってしまったら・・・・・。

コメント