マツダ MZRacing 傘 アンブレラ  折り畳み傘

唯一無二の技術を持つ「マツダ」の傘(アンブレラ)の紹介です。
マツダファンの皆さん必見です!

技術 デザイン 日本のメーカーでも群を抜く「マツダ」

スカイアクティブ技術やロータリーエンジンなど多くの先端技術を持つマツダ。
ガソリンエンジンの新たな1ページを開いたその技術力は、多くの世界的自動車メーカーを持つ日本においても唯一無二の存在となっています。

ロータリーエンジンの量産化という誰もなし得なかった事を成し遂げた事で、国内外にその名をとどろかせる事になったマツダ。

残念ながら時代の流れでマツダの象徴「ロータリーエンジン」は現在ラインナップからは外されていますが、未だに復活を望む声が多く寄せられています。
ただピュアエンジンとしての復活は難しい事でしょう。 燃費と排気ガスを高レベルで実現できないと市場では受け入れられなくなってきていますので。

大きすぎる穴となっていますが、現在はそう感じさせない程SUVが柱として成長し、ロングヒットとなっているデミオとロードスターがまわりを固めるラインナップは、限られた資金をうまく使い切っているという好印象を持つほどです。

美しいデザインで自動車に新たな飾を吹き込んだマツダ・MZRacingのカッコイイ傘の紹介です。余計な柄を必要としない硬派な傘として、マツダファンのみならず紹介したいアイテムです。

Amazonのみで販売しているマツダの傘になります。

今回はAmazonのみで販売している商品となります。 世界でも有数なネットショッピングサイトですので安心してお買い物を楽しんでいただければと思います。

Amazon|MZRacing コンパクトアンブレラ|MZRacing - 折りたたみ傘 通販
折りたたみ傘をお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、MZRacing コンパクトアンブレラを通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品なら通常配送無料(一部除く)。

望まれる「ロータリーエンジン」の復活 されどその道のりは

時代を築いたかつてのスポーツカー達が続々と復活を遂げています。
NSXに始まりスープラもとうとう販売がスタートしました。

マツダも噂は常にあるものの市販レベルの話には発展していません。 東京オリンピックを控え嫌でも日本に注目が集まる中でもこの状態ですから、ロータリーエンジンでの復活はハードルが高いのでしょう。

NSXハイブリットで復活を果たした様に、スポーツカーだからと許される世の中ではなくなってきています。

あのフェラーリでさえハイブリッドスーパーカーが登場する時代です。 ポルシェに至ってはEVが登場予定です。

ライバル達を見ても分かる通り今までと同じでは実現は難しいのです。 ただこうなる事でオリジナリティは乏しくなります。 独特なエンジンへのこだわりが各社ありますから、電化が進む事で薄まってしまいます。

環境は守らなければいけませんが、歴史や伝統もどう紡いでいくかを改めて考え直すところまで来ているのではないでしょうか?

両立できない話なので難しいのです。 ただクルマが電化されていくのは止めようがありませんから、どうオリジナリティを確保するのか、メーカーの腕を見せつけるチャンスでもあるのですから・・・・・。

コメント