マツダの至宝ロータリーエンジンが復活か?

自動車

マツダが唯一量産化に成功しマツダに多くの宝をもたらした至宝「ロータリーエンジン」復活の方がもたらされました。

中国のSNSにロータリーエンジンとロータリー初搭載されたコスモスポーツの画像がマツダ公式アカウントから投稿されたのだそうです。
「ロータリーエンジンが世界をもっと美しくする」という言葉と共に。

ロータリーエンジン復活はレンジエクステンダーでが濃厚

今まで通りの動力源のエンジンとしてのロータリーエンジンの復活は難しい事が以前から関係者からも発言があり可能性としては低いのです。
電動化の技術を盛り込んでも難しく、燃費そして排ガス規制においても難しいとされています。

なので濃厚とされるのは、試作車としてもつくられたレンジエクステンダーの発電用のエンジンとしての復活です。

デミオにこのエクステンダーを搭載していたのですが、メディアにも公開されていたので目津田ファンの皆さんもすでにご存知かと思います。

日産のe-powerの登場で俄然注目を浴びている分野ですので、第3のエコエンジンとして注目されること間違いないクルマが満を持して登場する事になりそうです。

スポンサーリンク

レンジエクステンダーとは

簡単に言うとエンジンを動力源として使わないで、発電用として使うシステムをレンジエクステンダーと分類しています。
バッテリーの容量次第ではPHV同様に充電をしてなくなるまではEVのみで走行し、バッテリ切れでレンジエクステンダーとして走行する事も可能なので現状PHEVの一種ともされています。

日本ではノート等に搭載されているe-powerとシステム的には同等のものと考えてください。

バッテリーを多く積めば走行距離も伸ばす事も可能でしょうが、その分価格も高騰してしまいます。 その点e-powerはバッテリが―1つなのもあり従来モデルからの値上げがほとんどないのです。

システムが複雑になりバッテリーも多く搭載する事でハイブリットはお高いものとなっています。 そういうこともありe-powerは大きな注目を浴びているのです。

そういう事も有りこのバッテリーに関してはどうするのか? 注目となりそうです。
走りもこだわっていますから、運動性能も落ちるバッテリー増は避けるのかもしれません。

メリットとデメリットがあるのがロータリーエンジン

構成部品が少なく機械ロスが小さいので振動が少なくスムーズなエンジン回転が魅力なエンジンがロータリーエンジンです。

例えるならばモーターの加速の様に谷間の無い加速を見せるのが特徴でした。

しかしデメリットとして大きな壁となるのが燃費の悪さです。 通常のエンジンよりも3割は悪い素性を持つエンジンなのです。

燃費の悪さは走行距離に関わるのは結局一緒ですので、マツダがどこまで改善出来ているのかにも売れるか売れないかを左右する事でしょう。

ただコンパクトで振動が少ないというのは、モーター走行と合わさる事で相当静かなEVに近い走行を体現する事になるでしょう。
コンパクトという事はフロントにエンジンがあるという事からも解放されるので、もしかしたら面白い存在になるのかもしれません。

ロータリーエンジンによるエクステンダーは大きな可能性を秘めていることは間違いないシステムです。 燃費が悪いというデメリットがありますが、どこまで改善出来ているかによってになりますが・・・・。

スポンサーリンク

コメント