ミシュラン キャップ・帽子

キャップ・帽子

フランスで誕生した世界最大級のタイヤメーカー「ミシュラン」のキャップ・帽子の紹介になります。

ミシュランユーザー・ファンの皆さん必見です!

世界ナンバー2のタイヤメーカー ミシュラン

自動車用タイヤは上位3メーカーにより4割ほどのシェアを獲得している、上位勢とその他という構図が長らく続いている産業です。

ただ年々安さを売りにする新興メーカーの勢いが強く、どのメーカーも厳しい戦いが仕入れれている状況です。

その中1位に君臨し続けているのがブリヂストンですが、その座も危ういかもと言われています。

というのもミシュランが新興メーカーを買収した事で、売り上げ高を伸ばしているとか。 それに対してブリヂストンは売り上げが落ちています。

なのでもしかしたらというのが現実的に迫っているというのです。
ただコロナの影響で世界全体が停滞していますので、それが良い方向にいくのか悪くなるのか今はまだ見えていないのですが・・・・。

さて今回はそんな日本のトップメーカー「ブリヂストン」を追い詰めている「ミシュラン」のキャップ・帽子の紹介になります。

Amazonで販売している「ミシュラン」のキャップ・帽子


【 MICHELIN 】 ミシュラン オフィシャル ワークキャップ ブラック ツイル
ミシュラン(Michelin)
¥4,180(2021/08/28 16:16時点)
【 MICHELIN 】 ミシュラン オフィシャル ワークキャップ ブラック ツイル



ミシュラン モータースポーツ オフィシャル チャンピオン CAP 復刻版
ミシュラン(Michelin)
¥4,991(2021/08/29 18:20時点)
ミシュラン モータースポーツ オフィシャル商品

2極化するのはタイヤも一緒

収入の格差が広がってきたのと時を同じくして、私達の生活に関わる製品も安さを追求するものと高品質等の高級品との2極化が進んでいます。

収入がそうなのですから、そうなるのは当然なのでしょうけども・・・・。

自動車も軽自動車を中心にしたコスパの良いクラスが、過半数を超えるまでになっていますがタイヤもまた同じく2極化が進んでいます。

最近やたらとカー用品店やガソリンスタンドなどで安いタイヤが店頭や広告に登場しているかと思います。

普通車でも驚きの価格が実現していたりと、初めて見た時はびっくりされた方も多いと思います。

その価格を実現しているのが、東南アジアを始めとした新興メーカーによる製品なのです。
そしてそうしたメーカーにオリジナル製品として発注している事で、独自製品なんかも販売されるようにもなっています。

ただ一昔であればこうした新興メーカーの製品は「安かろう悪かろう」がほとんどでした。
しかしネット社会の今こうしたものではいくら安くても、悪評の方が早く浸透してしまうので商売が成立しません。

ということでこうした製品であってもある程度の品質の製品になっているのです。 当然価格相応なので不満は一切ないというわけではありません。

一定の水準があるのでその安さから、世界的にシェアが拡大しているというわけです。
世界の人口のほとんどが庶民ですから、世界の流れから言ってそうならざるをえないわけですけどね・・・・・。

コメント