ミシュラン ワークシャツ

シャツ

フランスを本拠地とする世界的なタイヤメーカー「ミシュラン」のワークシャツの紹介になります。

ミシュランユーザー・ファンの皆さん必見です!

ミシュランマン・ビバンダムで知られる自動車タイヤの雄 ミシュラン

日本の誇るタイヤメーカー「ブリヂストン」に次ぐ、世界2位の販売を誇るのがミシュランです。

日本でも古くから輸入されていて、ミシュランマン(ビバンダム)というマスコットで認知度も高いので今更説明する事も無いようなメジャーなタイヤメーカーですね。

自動車・バイク・トラック・建設系車両・農機具など、タイヤが付く乗り物を全般網羅しているオールラウンダーなタイヤメーカーです。

ブリヂストンもまた全方位なので、ガチガチにやりあうライバル企業です。

今回はそんなタイヤメーカーとしてブリヂストンと双璧をなすメジャーブランド「ミシュラン」のワークシャツを紹介したいと思います。

ミシュランファンの皆さん要チェックです!

Amazonで販売している「ミシュラン」のワークシャツ


MICHELIN(ミシュラン) PITシャツ ML19106S BLACK M
ミシュラン(Michelin)
¥10,630(2020/07/10 00:16時点)
ミシュラン2019春夏モデルのピットシャツ。

楽天で販売している「ミシュラン」のワークシャツ


MICHELIN:ミシュランML19108Sワークシャツ【3カラー】 メンズ バイクウェア メンズシャツ

厳しい競争が続くタイヤ業界

自動車メーカーも世界にたくさんあり激しい競争を繰り広げていますが、タイヤもまた同じで世界的に販売競争を繰り広げています。

ミシュランとブリヂストンは資本力を使い王道の全方位のラインナップとする事で、生き残りを図っていますがこのスーパーメジャーな2社であってもシェアをじわじわと下げているのが実情です。

その要因となっているのが、東南アジアの新興メーカーによる攻勢が激しいからです。

白物家電などと同じで大量生産品のいくつくところは、価格です。
より安く作れる地域へと移ろうということですね。

欧米から日本が奪ったように、日本から韓国や中国へ、そして東南アジアへと今は移っています。

カー用品店などで、とっても安いタイヤを目にした事があるのではないでしょうか?
そうしたタイヤの多くがこうした新興メーカーによるものなのです。

安かろう悪かろうでは情報が早い今は流石に少なく、値段に見合うだけの製品となっているようです。

多くの製品が2極化しているように、タイヤも例外ではないのでこうしたメーカーの攻勢はこれからも続くでしょう。

ここまで熾烈になってくると厳しいのは中堅メーカーです。 部品メーカーのM&Aが世界的に進んでいますので、タイヤメーカーでもこうした動きがそろそろ本格するのではないでしょうか?

コメント