ミシュラン MICHELIN スマホ iPhoneケース・カバー

スマートフォン関連

フランスのタイヤメーカーそしてミシュランガイドでお馴染の「ミシュラン」のiPhoneケース・カバーの紹介になります。
ミシュランファンの皆さん必見です!

タイヤメーカーでもガイドブックでも一流なのがミシュラン

世界の人々という視点で見るとタイヤよりもガイドブックとしてのミシュランの方が有名なのかもしれないですね。

星で評価を決めるミシュランガイドは、世界中の人が参考にするガイドブックとして絶大な支持を受けています。

日本でも星を獲得するべく多くの料理人の方々日々努力をなされています。 それもこれもこの栄誉ある事と集客力がとても大きな事であるからです。

1つ星でも世界中から多くのお客さんがいらっしゃいますので、現代社会において料理界では極めて影響力が強いガイドブックになっています。

今回はそんな一流を極めしメーカー「ミシュラン」のスマホ用ケース・カバーの紹介になります。
フランスの象徴「エッフェル塔」ミシュランのマスコット「ビバンダム」をモチーフにデザインされたフランスらしいオシャレ系なアイテムになります。

芸術と料理の国らしいおしゃれなデザインですので、自動車ファンだけでなくオシャレに気を使う皆さんにもオススメしたいスマホ用ケースになります。

ご自分用ももちろんですが、プレゼント用にも喜ばれそうなアイテムかと思います!

楽天で販売している「ミシュラン」のスマホ用ケース・カバー


スマホケース手帳型 スマートフォンケース スマホケース MICHELIN ミシュラン シュランキャラクター スタンダードビブ PARIS/Chef デザイン ブランド おしゃれ 可愛い かわいい 柄 自転車モチーフ雑貨 メンズ レディース コーデ

未来のタイヤのスタンダードはオールシーズンタイヤなのかエアレスタイヤなのか?

自動車が100年に一度の変革期と呼ばれるぐらい、自動車の歴史が始まって以来の大転換期を迎えています。

異常気象や高齢化社会などへの対応として、急務となっている事から、次世代エネルギー・自動運転という2つの課題が私達に突き付けられています。
特に日本は世界の中でも深刻な状況で、すぐにでも導入したいほど差し迫った問題となっています。

これを支える技術として中心になる機関だけでなく、構成されるパーツも同様に進化をしないといけない事から花形ではないパーツも目立たないながらも次世代へと向かって開発が進んでいます。

今回はそんな中でもタイヤについて考えていこうと思います。

自動運転車の導入に向けていろんなパーツも変革しなければいけないのですが、タイヤもまたその岐路に立っています。

エアの管理もパンクも無いエアレスタイヤが試作品ながら続々と登場しています。 自動運転になるとあらゆるものが管理されやすい手がかからないものへと進化をしないといけませんから、理想としてはエアレスタイヤがベストだと思います。

しかしながら衝撃と車重も支えないといけない過酷な環境下にありますので、これまた素材と耐久試験がクリアできないと実社会での試験とはいかないでしょう。

なので理想はエアレスですがまだちょっと難しいのかなと感じています。

それに比べるとオールシーズンタイヤは昨年あたりから日本でも脚光を浴びています。
元々欧米を中心にしたマーケットで日本ではなかなか浸透しませんでした。

ただ技術も進歩していて、日本では異常気象も続いていて、都市部でも交通機関がマヒする雪も珍しい光景ではなくなりました。

そんな諸々の事情も有りタイヤメーカーがこぞって日本市場オールシーズンタイヤを投入してきました。

実力的には冬はアイスバーンでなければそれなりに走れてしまい、雪のないシーズンでも夏用タイヤに近い性能を発揮するなど、問題ないレベルには進化を遂げているそうです。

当然専門タイヤには勝てるはずもないので、ベストとはいえませんが、積雪が少なく走行距離が少ない方にはオススメと呼べるタイヤになっています。

少し多く降ったらチェーンも併用するというつもりであるならば、導入しても良いレベルかと思います。

スタッドレスタイヤですと保管場所も確保しないといけませんし、履き替えもしないといけません。

その分費用も余計に掛かりますから、コスパという意味でもオールシーズンタイヤは有利なんです。

それにごついタイヤを想像すると思いますが、意外な程夏タイヤに近いパターンの溝になっています。 ロードノイズも抑えられますし快適に安心して1年を通して乗れるというのが強みです。

なのでゴム素材の改良などがこれからも進むでしょうから、すでに実績のあるオールシーズンタイヤがこれからの主流になるのではないでしょうか?

まぁ最終的にはオールシーズンタイヤのエアレスというのが最終形態でしょうが・・・・・。

コメント