メルセデスベンツ AMG ブルゾン・ジャケット・ジャンパー

ブルゾン・ジャケットジャンパー

メルセデスベンツファン・オーナー様必見! メルセデスベンツそしてAMGのDNAを受け継ぐ冬の定番アイテム ブルゾン・ジャケット・ジャンパーの紹介です。

夏は暑く冬は寒い日本。 四季がはっきりあるから美しいなんて言いますが、それは観光目的での話であり住む人間にとっては、体調も季節毎に崩しやすいので過ごしやすい変わらない天気が良かったりするのですがね。

ファッションブランドに負けないカッコイイデザインが魅力的

日本のブランドだけでなく海外のブランドも数多く輸入されていて、今は買えない物は無い時代ですね。 しかし着たい!と思うカッコイイデザインのものはなかなか見つからないものです。

人気ブランドだと他の人と同じになりちょっとやだなって方も多いと思います。 そこでオススメしたいのが、自動車メーカーがブランドをイメージさせるデザインやカラーをうまく使い表現されている自動車メーカーのDNAが反映されているファッションアイテムです。

ブランドの向上や認知度向上なども目的としている部分もありますので、歴史ある自動車メーカーのもつイメージが上手くデザインに反映されているカッコイイブルゾン・ジャケット・ジャンパーになっています。

ファッションに深いこだわりを持つみなさんや、メルセデスベンツファン・オーナーにはもちろんですが、この冬は定番アイテムとして使い倒していただければと思います。

今回紹介している商品は楽天とAmazonで販売している商品を紹介しています。 日本で最も人気が高いネットショッピングサイトの両雄ですので、安心してお買い物を楽しんでいただければと思います。

 

製品一覧

楽天です


【 ベンツ 純正 】 AMG メンズ ジャケット フード取り外し可能 サイズ:S/M/L ポリウレタンコーティング スリムフィットジャケット


【 ベンツ 純正 】 AMG レディスジャケット ジャケット レディース


【 ベンツ 純正 】 AMG メンズジャケット ジャケット メンズ


【 ベンツ 純正 】 HUGO BOSS メンズ ジャケット ホワイト ゴルフ golf ゴルフ用品 コンペ 景品 などにも※この商品はドイツサイズのためワンサイズ小さめをお勧めいたします


【 ベンツ 純正 】 Callaway レディス 4WAY フルジップ ダウンブルゾン ホワイト/ネイビー

ここからはAmazonです

【Mercedes-Benz Collection】 PUMA windCELL Technology ブラック Gr. L


メルセデスベンツ純正 2イン1ジャケット メンズ Lサイズ


【Mercedes-Benz Collection】 AMG メンズ ジャケット L


メルセデスベンツ純正 タイトリスト ウインドブレーカー チャコールM


メルセデスベンツ純正 ドイツmサイズ ジャケット アンスラサイトグレーb67871106


【Mercedes-Benz Collection】 AMG レディス ジャケット M


【 Mercedes AMG 】メルセデス AMG ペトロナス F1 Team 2018 オフィシャル ソフトシェルジャケット (L身幅59cm着丈73cm)

 

 

 

メルセデスベンツはプレミアムカーブランドではない

日本では古くから輸入されていて、昔から有名人やスター選手などが所有していたりとして事からプレミアムカーブランドとしてのメルセデスベンツというイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?

実際にはトラックやバスなどの商用車や事業用途で使われる車もあるなど、総合自動車メーカーと呼ぶ方が正解だったりします。

日本では製造工場も無く全てが輸入となる事から、車両価格がある程度高いもののみが、輸入されてきました。 安いクルマでは関税や輸送費の関係で国産車には太刀打ちできない事から、定価カウのクルマが入ってきていなかったのも原因の1つとなっています。

近年ではほとんどのクラスが輸入されていますので、日本でも下のクラスから販売が伸びていて輸入車メーカーのなかではトップの販売台数を販売するに至っています。 下のクラスも販売する事で新たなユーザー獲得に貢献しているといわれています。

プレミアム価格のクルマよりも小さいサイズの方が最近ではよく見かけますよね。 これが良いのか悪いのかは分かりませんがね・・・・・。

販売好調を続けるのはやはりフロントデザインが「悪顔」になったから? アウディもそうですがよく言えば落ち着いた雰囲気・悪く言えば年より臭いのがずいぶんと若さを感じるような威圧感のあるフロントフェイスになっています。

ただこの流れを採用しているブランドが販売を伸ばしているのもまた事実。 今はこの「悪顔」がトレンドなんでしょう。 売れなければ・カッコイイと思っていただなければ、販売に繋がりませんので当然の流れとも言えます。

また最新の技術を積極的に搭載しているのも、魅力を増している要因の1つでしょう。 ハイブリットや電気化など遅れている海外勢の多いなかで、とても対応が早いのでこのあたりも、多くの方に魅力として映る事につながっているのではないでしょうか?

コメント