ヨコハマタイヤ アドバン タオル

タオル

国内3位のタイヤメーカー「ヨコハマタイヤ」公式のタオルの紹介になります。
ヨコハマタイヤユーザー・ファンの皆さん必見です!

国内屈指の人気を持つブランド「アドバン」をもつ

ブリヂストンが自動車メーカーで言えばトヨタならば、スポーツ走行にこだわり時代と共に進化を続けるブランドを持つヨコハマタイヤはホンダというところでしょうか。

同じ自動車に使われるタイヤながら、個性を持っている老舗メーカーになります。

今の価格競争をしかける新興メーカーにはもてない宝をもっています。
しかし自動車だけでなくいろんな製品が、2極化が進む今、個性はいらない必要ないメーカーが増えてきているのでこれは仕方がない流れなのですがね。

さてヨコハマタイヤと言えば現在ではフラッグシップモデルである「アドバン」が、かおなわけですが現在ではスポーツ走行性能重視というよりも高性能、高品質の上位モデルという色合いの方が強くなっています

製品はそういう流れですが、モータースポーツの最前線ではアドバンブランドで登場していますので、未だに走りにこだわりを持つユーザーからは根強い支持を受けています。

万人向けのブリヂストン、こだわりを持つ方のヨコハマ。
製品においてもトヨタとホンダのような対立軸となっていたりします。

今回はそんな根強い人気をもつヨコハマタイヤのタオルの紹介になります。

楽天で販売している「ヨコハマタイヤ」のタオル


マフラータオル 品番:CA860 人気のYOKOHAMA ヨコハマタイヤ グッズ


ADVAN マフラータオル / ブラック 品番:F1683 人気のアドバングッズ YOKOHAMA ヨコハマタイヤ


スポーツバスタオル 品番:CA859 人気のYOKOHAMA ヨコハマタイヤ グッズ

時代で変わっていくのはタイヤも一緒

スポーツカーなど走りに注目が集まる時は、スポーツ性能が高い製品に資金が注ぎ込まれますが、高級車に注目が集まると高級志向に変わっていきます。

こうした事は自動車に関わらず大量生産の製品は時代の流れに左右するのは当然な話ですね。

今のタイヤのトレンドは難しく1つではなく全てを追わざるを得ない時代なのかなというところです。

というのもSUV人気は高いですが、全体のシェアからしたらそこまで大きくはありません。

軽自動車が4割を超えていますが、ボディタイプは1つではなくSUVからハイトワゴンそしてスタンダードモデル・ハッチバックなど多種多様な状況です。

なので一部高級モデルもありますが、安さを追求するモデルも混じるなど価格も絞れない事態です。

普通車の方もミニバンそしてSUVは不動の人気ですが、依然としてセダンもそれなりに残っています。

多種多様大きな流れは2極化であるのは間違いないですが、実にバラバラな状況になっています。

今は体制が整うまでの途中という事も有りこれとは絞れないのです。
そこにもってきて変革の時が迫ってもきているので、安さが売りの新興メーカー以外はかじ取りが難しいというところなのではないでしょうか?

コメント