ランドローバー  パーカー・フーディー

パーカー・フーディー

SUVと言えば絶対に外せないイギリスの誇る正統派4輪駆動専門自動車メーカー「ランドローバー」のパーカー・フーディーの紹介です。

ランドローバーユーザー・ファンの皆さん必見です!

 4輪駆動車メーカー「ランドローバー」のパーカー・フーディー

一時の流行りではなく定番としてすっかり根付いたSUV。 SUVを語るならば絶対に外せないのがランドローバーですね。 4輪駆動車専門として長い歴史を重ねていて世界中に多くのファンを持つ自動車メーカーです。

日本でも最新モデルだけでなくクラシックモデルでも多くのファンがついているので今でも整備の行き届いたクルマが日本中でその雄姿を見る事は難しくないです。

正統進化を続けるモデルと斬新なデザインを採用するモデルの両方のアプローチで今でもSUVでトップランナーとして走り続けているランドローバー。 SUVのオープンカーはけっこう衝撃的でした。

王室御用達としてもニュース映像でも見る機会が多く、正統派・SUVまさにそんな言葉の代名詞となるのがランドローバーではないでしょうか?

今回はそんなSUVトップランナーのランドローバーのパーカー・フーディーをランドローバーファンの方のみならず自動車関連でパーカー・フーディーをお探しの方にも知っていただく機会ともなればと思っています。

 Amazonで販売しているランドローバーのパーカー・フーディー

Bitly

ランドローバーの歴史

1948年イギリスで創業されたランドローバー。

第2次大戦で使われていた軍用車両をベースにしたオフロード向けの4輪駆動車を販売したのがスタートです。 戦争や武器などがスタートになる製品が多いですが、ランドローバーの始まりもそうなんですね。

平和利用されるのであれば嫌な気分にはならないです。 世界大戦を前後にいろんなメーカーが始まっていたりしますが、そこに惹きつけるストーリーはないですが逆にそれが変な印象を抱かせる事がなかったのかもしれません。

デザインとしては大きな特徴を持ったメーカーではありませんが、創業当時のモデルから正統進化を続けていくと今のモデルに繋がるのだなと感じる歴史と伝統を体現する正統進化のデザインが特徴なのでしょう。

BMWがいつの時代もBMWであるように、ランドローバーもいつの時代もランドローバーなのです。  長く乗り続けるにはこうしたシンプルでありながら飽きの来ないデザインはあっているので、長く支持をされているのでしょう。

ただそうは言っても経営権はすでにインドのタタが所有しているので、イギリスの自動車メーカーとはなかなか言いづらいところです。 戦略を大きく変更することなく現代になっていますので、それが救いでしょうか?

コメント