ランドローバー LAND-ROVER  iPhoneケース・カバー

スマートフォン関連

イギリスの4輪駆動車メーカー「ランドローバー」のiPhoneケース・カバーの紹介です。
ランドローバーファンの皆さん要チェックです!

イギリス王室御用達の自動車メーカー ランドローバー  

EU離脱で注目が集まっているイギリスと王子の王室離脱というかなりショッキングなニュースの2つに関係性をもつランドローバーのアイテムの紹介となります。

イギリスも多くの自動車メーカーがあるのですが、メーカー間の競争もあり今ではほとんどが海外メーカーの傘下に入ってしまっています。

ランドローバーもインドのタタ傘下のブランドとして、ジャガーと共に事業を継続しています。

オーソドックスに正統進化を続けるランドローバーは日本でも大変人気がある、4輪駆動車メーカーです。 特に特筆するべきは古いモデルから最新モデルまでファンに愛されているという事です。

スポーツカーや限定モデルならばこうした事は普通に起こりますが、4輪駆動車としてはランドローバーが唯一のメーカーでしょう。

未開の地から近代都市まで世界の道を制覇した世界屈指の人気を誇る4輪駆動車。 そんなDNAが注ぎ込まれたアイテムをファンの皆さんの元へと紹介させていただく機会になればと思っています。

楽天で販売している「ランドローバー」のiPhoneケース・カバー


ランドローバー エンブレム アルカンターラ iPhone スマホ ケース (iPhone X/XS)

本物だけがもつ歴史と風格 それがランドローバー

量産車はその時々のトレンドや技術により大きく変化を続けています。

FRからFFへ。 直列エンジンからV型エンジンへ。 内燃機関からモーターへ。

ここ20~30年の間にも主流はこれだけ変化を見せています。 細かいものも合わせると書ききれない程の変化をするのが自動車です。

ただそうなってくると、空力特性を最終的に加えると個性のない似通ったデザインにいきついてしまうそうです。

商売ですから販売面を考えれば主流派から外れるというのは、量産メーカーでは難しい選択になります。

水平対向エンジンやロータリーエンジンなどは、確かに個性という面では大きなアドバンテージを持っています。
しかしそれだけ開発コストもかかりますし、失敗したら・・・・。

そして自動車史始まって以来の大変革期を迎えた今は、長年磨き続けた技術や個性が水の泡になる可能性を秘めた恐ろしいものでもあります。

EVが主流になるのかはさておき、電化されるのは紛れもない事実です。 電気を貯めるか作るのかは分かりませんが、どちらにせよ電気を使ってモーターを回し走行するというのは決定といってよいでしょう。

そうなってくるとエンジンによる特性の差というのは失われてしまいます。 決めるのはプログラムによるものになるのです。

フィーリングなんかは多少は違いを作るメーカーもあるでしょうが、個性というにはちょっと違うかなという事です。

4WDもモーターを前後につけるだけとなり、この技術で支持を得ていたメーカーの優位性も失われます。

どのメーカーも複雑な構造のシステムを作る事なく、プログラム1つで難なく作る事が出来ちゃう時代なんです。

なので今以上に個性を売りにも出来ないですので、メーカー間の争いは厳しいものになるでしょう。

個性・オンリーワンの技術では稼げない時代へと突入するのを意味します。

続ける事で得られるものは、数字や文字では表せないものもあるのですが、そこの域に達するまで続けるのが難しくなるのがこれからなんだと思います。

歴史や伝統 こうした物も糧にして成長するので、長年愛されるクルマというも少なくなっていくのではないでしょうか?

コメント