ランボルギーニ  時計

時計

スーパーカーメーカーの双璧とされている1社「ランボルギーニ」の時計の紹介になります。

ランボルギーニユーザー・ファンの皆さん必見です!

スーパーカーメーカー双璧の1社 ランボルギーニ

スーパーカーといえば代名詞となっているのが「ランボルギーニ」と同じイタリアを拠点とする「フェラーリ」です。

同じ領域ながら全く性格もフォルムも違うこともあり、長くライバルとして共存共栄をしています。
同格にまで並ぶメーカーも今後も現れない事から、永遠のライバルとなるのでしょう。

イメージとして「男性ーランボルギーニ」「女性ーフェラーリ」ぽいスタイリングかと思います。

無骨ながらも高性能を追い求めるランボルギーニ。 対して速さも求めるが全てを高次元で体現する完璧なまでに求める高貴な存在がフェラーリでしょうかね、私の持つイメージとしては。

なんにしても性格の異なる同じステージ乗れるライバルがあった事が、両社を更なる高みへといざなった事は間違いないでしょう。

ライバルがあるというのは大切なのはどの世界でも一緒という事です。

さて今回はスーパーカーの代名詞「ランボルギーニ」の時計の紹介になります。

Amazonで販売している「ランボルギーニ」の時計


Tonino Lamborghini Herrenuhr Spyder 3038
TONINO LAMBORGHINI(トニノ ランボルギーニ )
¥250,255(2021/06/18 12:20時点)

Tonino Lamborghini 3112 スパイダークロノグラフウォッチ
TONINO LAMBORGHINI(トニノ ランボルギーニ )
¥243,672(2021/06/19 05:15時点)
スイス製

Tonino Lamborghini Spyder 8855 自動腕時計
TONINO LAMBORGHINI(トニノ ランボルギーニ )
¥201,207(2021/06/18 12:20時点)
2年間のメーカー保証


Tonino Lamborghini Products Spyder 1300 1303 メンズウォッチ
TONINO LAMBORGHINI(トニノ ランボルギーニ )
¥124,140(2021/06/19 19:17時点)
日付。

楽天で販売している「ランボルギーニ」の時計


ランボルギーニ 腕時計 時計 Lamborghini Spyder Chronograph Mens Watch 3302


ランボルギーニ 腕時計 時計 Tonino Lamborghini Wheels 2990-3 Men’s Watch


ランボルギーニ 腕時計 時計 Tonino Lamborghini Spyder 1500 1505 Chronograph Jumbo Mens Watch


ランボルギーニ 腕時計 時計 Tonino Lamborghini 3007 Spyder Men’s Chronograph Watch


ランボルギーニ 腕時計 時計 Tonino Lamborghini 4 Screws Chronograph Watch 4850


ランボルギーニ 腕時計 時計 TONINO LAMBORGHINI EN035D.504 Swiss Movement Diamond I1-I2 Men Watch


ランボルギーニ 腕時計 時計 Tonino Lamborghini 7802 Shield Series Chronograph Watch


ランボルギーニ 腕時計 時計 Lamborghini Spyder 1100 Chronograph Black Dial Mens Watch 1104


ランボルギーニ 腕時計 時計 Tonino Lamborghini GT1 Chronograph 800S Watch

エンジンという大きな個性を失う意味

日本でも脱ガソリン車へのロードマップが示されるなど、製造側と利用者側の意見が次々とコメントとして出されていますね。

まぁこの国の政治家がする事は期待できないですが、先走って余計なことをしないでいてくれる事だけを望むばかりです。

さていろんな意見があり、いろんな可能性も含めて考え続けなければいけないわけですが、出来るならばこれを機に客観的にみる・データも含めてその結果で今できる最善策をとるそんな国になって欲しいものです。

札束をぶらさげて火種や不正の温床になる事は決別してほしいものですね。

随分は無しがずれましたが、メリットデメリットは今のところ技術が追い付かない事も有り何か1つには絞れないし絞るべきではないと考えます。

ですが割っているのは、自動車はモーターで動く乗り物へと進化するという事です。

その電力をどうするかは使用条件を合わせて、変えればいいのであって1つにするべきではないと考えます。 メリットを最大限生かす方が今は良いと思います。

なのでEVになるかFCVなのかはたまた違うものなのか? 
今回はそれは置いておいてモーターになる事で失われるであろう個性の話です。

これまではFRですとエンジンとミッションを一直線上に配置し後ろのタイヤを駆動させるというのが基本計でした。

しかしモーターでこれをしよとする、モーターは後ろでエンジンは前にする必要もないのです。そして横だろうが縦だろうがエンジンの向きも関係ないのです。

これはFFだろうがポルシェのようなRRだろうが同じです。

そしてモーターにはギアが存在しません。まぁ将来的には性能向上を求めて何速かにはなるでしょうが、スタートから最大パワーがでて切れ目なく上昇するのが特徴です。

そうモーターを駆動させる電源が何か?というのは関係ないのです。
なのでモーターでは人為的手を加えないと無個性ということです。

あるのはモーターパワーと持続時間だけです。
材料や製造方法の違いで出る個性はあるでしょうが、人が乗る乗り物ですから乗り心地や安全性で制御はされるので結局は大きな差が無くなるでしょう。

ましてや公道を走る乗り物ですから、速さを求めるものではありませんからね。

なのでこの第1の変革であるモーターでの走行は、スーパーカーなどスペシャルな魅力を持つクルマ達にとっては大切な個性の1つを奪われる事のなるのです。

しかも根幹の1つである個性ですからね。
どうなっていくのかこの辺りはゆっくりと進行する事なのでしょうが、自動運転車の登場までには決着している事でしょう。

変革期という言葉は多く聞く事になりましたが、モーターの登場は自動車という特別な存在を単なる乗り物の1つへとしてしまう始まりになると考えるべきなのかもしれませんね。

コメント