ランボルギーニ ハイドロゲン コラボ パーカー・フーディー

パーカー・フーディー

イタリアのスーパーカーメーカー「ランボルギーニ」のパーカー・フーディーの紹介です。

ランボルギーニファンそして自動車関連でのパーカー・フーディーをお探しの方は必見ですよ!

 永遠の憧れランボルギーニのパーカー・フーディー

自動車ファン永遠の憧れのスーパーカー。 スーパーカーといえばフェラーリと長年双璧をなしているのがランボルギーニですね。 今では新興メーカーも含めてスーパーカーメーカーも増えましたが、フェラーリとランボルギーニというのは長い歴史を紡いできたので別格の存在としてこれからも存在していく事でしょう。 

欲しい乗ってみたい多くの自動車ファンがそう願うランボルギーニ。 それはなかなか叶う事は簡単ではないですから、ランボルギーニのDNAがつまった魅力的なファッションアイテムでオーナーになるというのはいかがでしょう?

フェラーリの跳ね馬に対して、ランボルギーニは闘牛。 ランボルギーニの象徴のエンブレムは自動車だけでなくファッションアイテムでも存在感あふれるアイテムにもなっています。 ランボルギーニのDNAから受け継がれるそのデザインも相まって、ファッションアイテムとしてのランボルギーニのパーカー・フーディーもカッコイイので、オシャレに気を遣う皆さんにも個性的なアイテムとしてもオススメしたいと思っています。

ランボルギーニファンそして多くの自動車ファンの皆さんには、是非チェックしてもらいたいアイテムです!

 

楽天で販売しているランボルギーニのパーカー・フーディー


ランボルギーニ メンズ Miura ヘンリーフード スウェット ジャケット NB 9012033CCU001


アウトレット【ランボルギーニ/Lamborghini】AVENTADOR ROADSTERパーカー ネイビー メンズ MEN’S HOODED AVENTADOR ROADSTER SWEATSHIRT フード ジップアップ スーパーカー【SM】【5】アウトレット


ランボルギーニ メンズ ヴィットゥーレ スーパー スポーティブ フード ジャケット DNV 9011533CCU001


ランボルギーニ メンズ フード テクノ スウェット ジャケット 9011079YYU001


ランボルギーニ メンズ Impronta Sportiva フードスウェット セーター BK 9011597CCB000


【正規代理店商品】HYDROGEN ハイドロゲン 2014.15AW LAMBORGHINIコラボ フード付き フルジップアップ パーカー 迷彩 210-70040001-435

Amazonで販売しているランボルギーニのパーカー・フーディー

Amazon | (ランボルギーニ) Lamborghini メンズ 3レイヤー ジャケット (L) | トレーナー・パーカー 通販
トレーナー・パーカー(メンズ)ストアで(ランボルギーニ) Lamborghini メンズ 3レイヤー ジャケット (L)などがいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

キッズ用です

Amazon | Automobili Lamborghini Squadra Corse Kid 's Full Zip Hoodieスウェットシャツ、ブラック カラー: ブラック | フィットネス・トレーニング ボーイズ 通販
Automobili Lamborghini Squadra Corse Kid 's Full Zip Hoodieスウェットシャツ、ブラック カラー: ブラックがフィットネス・トレーニング ボーイズストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
ランボルギーニの未来は?

世界的に景気が上昇し続けているというわけではないですが、ランボルギーニは販売は安定しています。 これは世界的に貧富の差が広がったとも言える数値なのかもしれません。 景気の良さを実感できない日本でもランボルギーニの販売台数はアジアではナンバー1と言われています。

ただこうした車は大量生産には向きません。 出来ないわけではなく向かないのです。

それはハイクラスのファッションブランドと一緒で希少性が重要ですので、営利企業としては悩ましい状態なのです。

ですのでこうしたスーパーカーメーカーは長年経営安定が難しいとされていた理由でもあります。 ですので解消策としてスポーツカーだけでなく他のカテゴリーを販売する必要があったのです。

ただそう世界的に人気になるカテゴリーがなかったのですが、現在SUV人気は失速の気配すら見えませんよね? そこでいろんな自動車メーカーがこぞって販売に踏み切っているのです。 プレミアムカーブランドもラインナップに入れた事で今ではほとんどの自動車メーカーがSUVを販売するに至ったわけです。

これによりスーパーカー自体の数を増やさずに販売台数を伸ばせるというわけです。 まだこの分野はプレミアムブランドのクルマは少ないですから、しばらくはランボルギーニを始めとしたプレミアム価格帯が主体の自動車メーカーにとっては安泰となりそうです。

存続し続けないと意味が薄れてしまいますからね。 それに小さなマーケットでの話ですから次のアイデアも見つけていくつかの柱を作らないといけないという根本的な部分は変わらないのですがね。

コメント