レッドブルレーシング・ホンダ タオル  M・フェルスタッペン P・ガスリー

タオル

モータースポーツの最高峰F1で活躍する「レッドブルレーシング・ホンダ」公式のタオルの紹介になります。

レッドブルホンダファンの皆さん要チェックです!

2021年で活動終了するレッドブルホンダ

 なかなか結果がでなかったホンダF1第4期ですが、現在のF1においてトップチームの1つレッドブルレーシングと手を組む事で見事復活をとげました。

ジュニアチームのトロロッソでも優勝をもぎとるなど、メルセデスベンツが支配するF1界に風穴をあける唯一のチームとなっています。

そんな結果が出始めた所のレッドブルホンダですが、残念ながら21年をもってホンダが撤退する事で提携は解消される事になりました。

ですのでこうした公式のコラボ商品が出るのもあと少しとなります。
ドライバーは固定ではないですから、レッドブルというチームからも入れ替えはシーズン中でもありますし欲しいと思った時が買い時となります!

今回はそんな日本のF1ファンの期待を一身に背負っている「レッドブルホンダ」公式のタオルの紹介になります。

Amazonで販売している「レッドブルホンダ」のタオル



レッドブル レーシング チーム P.ガスリー ジャガード タオル マフラー RBR-ES-1903
レッドブル レーシング チーム
¥1,750(2020/11/17 03:39時点)
レッドブル レーシング チーム公式 ファンアイテム 【日本限定 商品】

気付いたらホンダは軽自動車以外売れないメーカーに

国内メーカーの全てが軽自動車を扱う事になった事も有り、メーカー間の販売競争が激化しています。

そんな状況で当時ホンダの軽自動車は人気が落ちていた事で、テコ入れで誕生したのがN-BOXを始めとしたNシリーズです。

それから現在までは言うまでもない不動の人気を得ていますが、それと引き換えのようにフィットやステップワゴンという絶大な人気を誇る車たちが売れなくなりました。

セダンやツーリングワゴンなどは人気が低迷しているので仕方が無いのですが、大きく人気が落ちるはずのない車たちが販売不振なのはクルマに問題があるように思えます。

なぜN-BOXのように需要を掴んだクルマが作れるのに、他の車特に普通車が不振なのはどうしてなんでしょう?

エンジニアやデザイナーの問題ではなく経営側に問題があるように思えます。
風通しの良い優れたエンジニアの集団ではいつしかなくなってしまったのかもしれませんね。

なのでホンダ撤退、いえその前に参戦から先を見えていない判断だったと思えて仕方がありません。
いろんなところでおかしなことが起こるその内の1つな気がします。

コメント