ロータス ブルゾン・ジャケット・ジャンパー

ブルゾン・ジャケットジャンパー

ロータスファン・ユーザー様必見!

ロータスのDNAが注ぎ込まれて作られたブルゾン・ジャケット・ジャンパーの紹介です。

ロータスらしい緑・黒・赤地のカラーで、モータースポーツ色の強いデザインなので派手になりがちなのですが、ワントーン薄い色を使っている事もあり意外なほど落ち着いた雰囲気のでている仕上がりとなっています。

今風でないカラーが自動車ファンの心を惹きつけるアウターになること間違い無し!

昔の色あい(ビンテージ感)な見た目に見えるのは、今のカラーではなく当時のカラーを使っているせいなのでしょう。 歴史あるブランドでよく見かける昔風な印象を持つカラーリングと一緒ですね。

そんなビンテージ風な色合いもあり、シーンを選ばずに着れるアウターとなっています。 今期のへービーローテーションのアウターになること間違いなしです。

自動車関連でアウターをお探しの方、そしてロータスファンの皆さんには特にオススメしたいアウターとなります。 モータースポーツ色が強いデザインですので、お車でお出かけの際のアウターとして最も映えるアイテムになるのではないでしょうか。

今回は楽天そしてアマゾンで販売しているアイテムの紹介となります。 日本でも選ばれるネットショッピングサイトですので、安心してお買い物を楽しんでいただければと思います。

またPCで見ていただいている方はマウスを画像に合わせるだけで、大きな画面でも見る事が可能なものもありますので、併せてご利用いただければと思います。

 

製品一覧

楽天です


チームロータス Team Lotus Pit Jacket CTL ピットジャケット グリーン (LOT-CTL-JK03)


チームロータス Team Lotus John Player Jacket JPS ジャケット ブラック (LOT-JPS-JK01)

 

Amazonです

Amazon | ゴールドリーフ チームロータスジャケット XLサイズ | コート・ジャケット 通販
コート・ジャケット(メンズ)ストアでゴールドリーフ チームロータスジャケット XLサイズなどがいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon.co.jp: ソフトシェル JPS ジャケット (L): 服&ファッション小物
Amazon.co.jp: ソフトシェル JPS ジャケット (L): 服&ファッション小物
Amazon.co.jp: PLANEX Soft Shell Classic Team Lotus Jacket Sサイズ LOT-CTL-JK04S: ホビー
Amazon.co.jp: PLANEX Soft Shell Classic Team Lotus Jacket Sサイズ LOT-CTL-JK04S: ホビー
Amazon | John Player Team Lotus Jacket JPS 黒ジャケット | コート・ジャケット 通販
コート・ジャケット(メンズ)ストアでJohn Player Team Lotus Jacket JPS 黒ジャケットなどがいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ロータスとは

1952年にイギリスでコーリン・チャップマンにより創業された現在まで続くライトウエイトスポーツを得意とするカーメーカーです。

セブン・エラン・ヨーロッパなど名車と呼ばれるクルマ達が生まれたのがロータスです。そしてスーパーカー世代の方にとっては、その中心にいた1台ですから若い世代の方よりも先輩方に人気が高いのがロータスではないでしょうか?

私の世代でもセブンを購入し、カスタマイズしていた友人もいた事から輸入車のなかでも、親しみのあるメーカーの1つです。 最近ではあまり見る事は無くなってしまいましたが、キットで輸入され自分で組み立てられる車があるなんて言うのを知らなかったので、そういう意味でも印象に強く残る1台です。

エンジンも方向性で選択できたそうで、ひとそれぞれの1台が出来上がるのだそうでなんだかクルマというよりプラモデルだなと思ったものです。 これぞ趣味の世界のクルマだというのがセブンですね。

ロータスヨーロッパも違った意味で印象に強く残る1台です。 「サーキットの狼」に出ていたとかでスーパーカー世代の皆さんにとっては忘れられない名車でしょう。 私はその世代ではないので全くピンとこないのですが、ドライブに行った先で出会ったヨーロッパの速さに度肝抜かした経験があります。

古そうなクルマだななんて思いながら後ろを走っていましたが、もちろん追いつくどころかコーナーごとにみるみる離れていく状況には抵抗する気さえもおきませんでした。 当時は輸入車なんてベンツ・BMWぐらいしかわからなかったので、あの時のあれが「ロータスヨーロッパ」だったのかと小さくなっていく後ろ姿は今でも記憶に残っています。

日本でのライトウエイトと言えば、86やシビックなんかを思い浮かべますが世界的に見たら間違いなくそれは「ロータス」でしょう。 それぐらいライトウエイトスポーツの代名詞ともなっているのがロータスなんですよね。

コメント