三菱 ヒールトレッド 靴下  ランサーエボリューション

靴下

日本の自動車メーカー「三菱」がかつて販売していたランサーエボリューションのレースマシンのカラーをモチーフに作られたヒールトレッドの靴下を紹介します。
三菱・ランエボユーザー・ファンの皆さん必見です!

復活の道半ば 三菱自動車

スポーツカーブームの時は、GTOを中心としてラリーを中心に活躍したランエボ。

クロカンブームの時には三菱の象徴とも言える「パジェロ」で、絶大な人気を誇った三菱。

時代の変化と共にこうした車は売れなくなり、それと共に三菱は大きくシェアを落とし、不祥事も重なり今では日産・ルノーと共に3社連合の元、復活を目指す途中にあります。

いろいろあって復活の道はうまく軌道に乗れない状態ですが、軽自動車そしてPHEVという新たな武器もユーザーの支持を受けるまでに成長していますので、今後の活躍には期待できるのかなと思います。

今回はそんな三菱の名車の1つ「ランサーエボリューション」がWRCに参戦していた時のマシンカラーをモチーフにヒールトレッドが作った靴下を紹介したいと思います。

常時見えるわけではないので究極の自己満「靴下」と言えるアイテムです。

楽天で販売している「三菱」の靴下の紹介になります。


【ヒールトレッド/HEEL TREAD】EVO 靴下 (WRC ミツビシ 三菱 ランサー エボリューション ラリー マキネン ランエボ ランタボ マールボロ マルボロ)【メール便可】

変わりゆく三菱のフラッグシップモデル

トヨタのカローラやスバルのレガシーがメーカーの「かお」の様な存在から変わっていくのは、それぞれの戦略や維持していく過程でどうしても発生してしまいます。

日本市場よりも海外とくに北米に合わせて巨大化するモデル。
時代の変化で求められる車ではなくなるモデル。

それぞれクルマにより理由が異なりますが、仕方がない道でもあります。

さて三菱はというと、かつてはジープを作っていた事も有り私的には4WD(クロカン)というイメージが強いメーカーです。

それはパリダカやWRCでの活躍で更に色濃いものにした、そんな感じを持つメーカーです。

しかし時代はそこに留まる事を許さず、よりコンパクトな車へとシフトしています。

そんなユーザーのイメージもあるのでしょうが、三菱もまたそこにプライドと拘りを持っているそう感じます。

何を作ってもRV風を出してきますし、RVよりに最初からなっているクルマさえあります。
それがよくてファンがついていたりもしますが、大きなんがれからはそれているので台数は期待できないのです・・・・。

デザインも癖があるものも未だにありますし・・・・。

PHEVが欧州を中心に注目が高まっていますし、つなぎの車として更に電化されているPHEVがますます増えそうな気配ですから今は需要は出そうですが、それ以外がなかなか見えてきません。

ほとんどが軽自動車を作っている状況に国内ではなってしまっているので、国内での三菱ブランドはやはり難しいのかもしれませんね・・・・。

コメント