乗り物酔い止めの決定版 改善率95%  酔い止め眼鏡 シートロエン

自動車便利グッズ

自動車だけでなく船など日常生活を助けてくれる乗り物から、遊園地などのアトラクションなど遊びや楽しむ為の乗り物での乗り物酔いをしてしまう方は多くいらっしゃると思います。
私は自動車等の移動の乗り物は全く問題ないのですが、アトラクション(特にぐるぐる回る系がダメです)が苦手です。

多くの方が今まで薬による治療をする方が多かったと思いますが、現代では研究なども進み違った方法も開発されています。

自動車ですとマツダを代表とする技術「トルクベクタリング」が酔いを軽減する効果があると言われています。

ただ今回紹介するのは眼鏡タイプのアイテムで、眼鏡同様にかけるだけでよいというお手軽なのも特徴なアイテムです。 薬と違い体への負担もないのでとてもうれしいですよね。 
そして改善率は95%と言われていますので、試してみる価値はあるのではないでしょうか?

これは酔いが始まってしまってからでも効果があるそうなので、日々の体調なども考慮して試せるのもうれしいアイテムになるのではないでしょうか?

小学生~成人になるまでが乗り物酔いが多い

乗り物への不安や精神的ストレスを抱えている人は大人になっても酔いやすいようですが、最も酔いの症状が出るのは小学生~成人が発症しやすいようです。

なぜ幼少期は入っていないのかというと、~小学校入学生までは三半規管や脳が未発達なので発症しないのだそうです。 

ある程度からだが出来上がり固定されると、人本来の感覚が働くという事なのでしょう。 ただそこに乗り物に対する慣れや体験不足が重なるので酔いが発生するという事のようです。

なので乗り物に多く乗りなれそして大人の体へと発達しきる事で、ほとんどの方が発症することがなくなるそうです。

Bitly

平衡感覚のズレが酔いの原因

よく三半規管が揺さぶられたから目が回るなんて言いますが、まさにそれが平衡感覚が狂わされる事による酔いなんです。

なのでこの平衡感覚を維持できるように、眼鏡のフレーム内(4つ全てに)に青い液体が半分充填されていて、常に水平線が維持されるようになっています。

その水平線を示す青い液体が視界にある事で、平衡感覚を維持できるという事のようです。 刺激を与えるものや何かを抑制するような負担を強いるものではありませんので、心配せずに大切なお子様にもお試しいただけます。

薬と違い事前に飲んでいないといけないとか、他の薬と一緒にはとかそういった制限や負担のかかる物でもないので、大人だけでなくお子様にも気兼ねなく使っていただける現代のアイテムなんです。

眼鏡と同じようにすればよいというのもお手軽でよいですよね。 

旅行やレジャーを楽しみたいけど乗り物が苦手という方にとっても、心強い味方になること間違いなしです。

寝不足・体調不良も原因なので体調管理も心がけましょう。

船だと中央、クルマだと助手席が良いと言われるなど、揺れがすくなかったり状況が見渡せる位置が予防になると言います。

平衡感覚が失われないように、三半規管が揺れないのがやはり効果が大きいのです。

そして体調不良も良くないと言われます。 寝不足・栄養や消化を考量した食事もできる事なので、予防策としてというよりはこれは酔いだけの話ではないのでしょう。
体調が悪ければそりゃなるってものです・・・・。

酔う事を多く経験すると乗り物に乗るという事を考えるだけでストレスに感じるでしょうが、このアイテムを使い成功体験と慣れる事で解消の方向に導いてくれる事でしょう。

安心出来るこうしたアイテムの存在も不安やストレスを和らげる事にもつながると思いますので、この機会に是非お試しいただければと思います。

Bitly

コメント