人気で選ぶ国産自動車 ベスト3 売れているクルマにはどんな理由が?

自動車

自動車を選ぶと言っても国産メーカーも多くあり、尚且つ販売されている車種はとても多いので今回は人気(2018年度新車販売台数の実績)からトップ3台を紹介したいと思います。

人気が高いという事は、ユーザーの心をつかむ多くの魅力がつまっていて、尚且つ売る時(リセールバリュー)という視点からも価値は高い事が多いので、車種に迷っているのならばこんな視点でも車を選ぶというのも有りだと思いますので、参考になればと思います。

人気から選ぶベスト1はホンダ・N-BOX

Amazon | (カーリース新車) オリックス 9年リース N BOX G・L Honda SENSING 2WD 660cc 4人乗 5ドア 頭金10, 000円 月額22, 000円 総額2, 376, 000円 モーニングミストブルー・メタリック | 自動車 | 車&バイク
(カーリース新車) オリックス 9年リース N BOX G・L Honda SENSING 2WD 660cc 4人乗 5ドア 頭金10, 000円 月額22, 000円 総額2, 376, 000円 モーニングミストブルー・メタリックが自動車ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾ...

ホンダが販売している軽自動車「N-BOX」が人気から選ぶ国産自動車ナンバー1です。

2018年度新車販売台数において、2位以下に10万台以上の差をつけるなど、現在国内では圧倒的な人気を誇るのがN-BOXです。

スーパーハイト系に属する軽自動車で、スクエアデザインがもたらす効果とFF車の利点である床が低い(低床)事で室内空間がとても広く、軽自動車と思えないほどのゆったりとした室内空間ごとても好評です。

そして現代のクルマに多い丸いフォルムとは違いスクエアなデザインの為、そのボディスタイルも好評を得ています。 空力としてはデメリットでしょうがフロントガラスも傾斜が緩い事で見切りもよく運転がしやすいというのも特徴です。

現代では女性にも運転がしやすいというのはとても重要で、この1台で普段使いそして休日のドライブなどあらゆるシーンに対応できる軽自動車というのが、多くのユーザーの支持を得る結果につながっているわけです。

乗りやすいというのは、老若男女問わず選ばれる事になりますので、人気が高まるというわけです。 ちょっと前ではミニバンがこの役割をしていましたが、家族構成や収入などが変わってきていますので、いろんな需要を満たしてくれる、そして見た目もカッコイイ、ホンダのN-BOXが選ばれる事になったわけです。

燃費は軽自動車ナンバー1という事はありませんが、全ての項目で高得点を得られる現在の日本車のなかで総合力がナンバー1だからこそ選ばれているという事もあると思います。

注目の先進装備もホンダ最新の「ホンダセンシング」が装備されていますので、どなたが乗っても満足度の大変高い1台となるのがホンダ・N-BOXです。

 国産車人気ナンバー2はこれまた軽スーパーハイトワゴンのスズキ・スペーシア


新車 スズキ スペーシア 660cc 2WD CVT HYBRID X ★DVD・CD・USBプレーヤー/バックカメラ/フロアマット★ 5年間の延長保証付き 特別色は別途費用

スペーシア初代はライバルと似た路線の為に人気が低迷しましたが、現行の第2世代は最初こそもたついたものの徐々に人気を伸ばし直近ではN-BOXに次ぐ新車販売台数2位を定位置になるような躍進をみせています。

スペーシア2位躍進の鍵は、室内空間を大幅に拡大させたことです。 N-BOXに見るように今は室内空間の広さというのはユーザーが求める要望の1番に上がる程大切なファクターです。コスパの良い軽自動車に対する要望は更に進みいろんな需要にこたえてくれる軽自動車が望まれていますので、その波にうまく乗れた1台という事です。

また通常モデルも現在のスズキで採用されているデザインと、SUVテイストが効いたデザインが融合された独自の方向性が個性を求めるユーザーに対してもアピールできている結果ではないでしょうか?

もう1つ注目なのがエンジンで、N-BOXとは違いマイルドハイブリットが採用されています。 プリウスの様にフルハイブリットではありませんが、スタート時のパワーアシストが出来るマイルドハイブリットが搭載されているのが大きな特徴です。

このハイブリットというのは、今では登録車ではあって当たり前というところまで来ています。 しかし軽自動車ではスペースそして金額的な面からハイブリットの採用は今のところありません。

ですのでマイルドと言えどハイブリット搭載というのは、軽自動車では魅力となるわけです。 アイドリングストップしかないのが他車ライバルの現状ですからね。

ただちょっと残念なのが、スポーティグレードの「カスタム」です。 通常モデルがこれだけ個性も有り魅力を出していますが、カスタムは他社と同じようなデザインになってしまっているので、こちらは他社に対してどれだけ魅力を提供できるのか?というのが疑問になります。

現代の丸いデザインに飽きを感じている方には、個性はルックの軽スーパーハイトワゴン、スズキ・スペーシアは特にオススメしたい1台となります。

国産車人気ナンバー3は日産・デイズ


☆月額 14,700円 楽乗りCAR 新車 ニッサン デイズ 2WD 660 S

日産が初めて企画から製造まで関わった軽自動車デイズ。 2013年の登場と他の2台とは違い随分と月日が経ちライバル車に大きく勝る面はありません。

デイズ最大の魅力は良くまとまったパッケージです。 逆に言えば大きな特徴は無いという事になりますが、逆それがいいのです。

全てが平均点は満たしていて、大きな個性もないので好き嫌いがあまりでないのです。いわゆる普通というところです。

その普通な軽自動車がライバル他社よりも価格設定が安い事で、コスパの良い軽自動車として人気が定着しています。 そうデイズ最大の魅力はコスパなんです。

燃費はそれなりに良く、先進装備も最新のものが昨年搭載された事にもより更にコスパが良い1台へと魅力を増しています。

スポーティグレードも手の届きやすい価格からの設定になっていますので、ライバルの価格高騰も有りこちらも大きな魅力となっています。

特にこだわりもなく、買い物程度そしてお出かけはアウトドアなどせずに旅行程度なのであれば、コスパ最強で総合評価も平均点以上の軽自動車の日産・デイズをオススメします!

人気国産車で選ぶと軽自動 先進装備の充実と低燃費でコスパ最強だから売れる

装備の充実などで軽自動車も価格高騰が続いていますが、それは軽自動車だけに限った事ではない事も有り、ますます軽自動車への関心は高まっています。

技術の発展も有り軽自動車の質感も軽自動車という規格に縛られていながら、それを感じさせない程のクルマへと昇華しています。

また社会の変化により年収が望めない時代にもなってきた事も有り、登録車よりもコスパに優れる軽自動車への関心は高まるばかりです。ですので人気(新車販売台数)で車を選ぶと、軽自動車が多く占める事になるわけです。

という事で、国産車を人気で選んだ場合は上記3車(ベスト3)となります。 特にホンダ・N-BOXとスズキ・スペーシアは車内スペースも広いので皆さんの望むカーライフを高次元に叶えてくれるクルマになります。

軽自動車唯一のデメリットである4人乗りが問題ではないのであれば、人気ベスト3から検討してみるのをオススメします。

コメント