佐藤琢磨 Tシャツ  インディ500優勝記念

Tシャツ

北米のモータースポーツ最高峰に位置する「インディカー・シリーズ」に参戦している佐藤琢磨のTシャツの紹介です。
佐藤琢磨・インディカーファンの方は必見です!

世界3大レース インディ500を制した佐藤琢磨選手

人気が低迷しているとはいえ今でも若手ドライバーの目指す場所として、F1はモータースポーツ最高峰の夢の場所であり続けています。

そんなF1でも優勝という実績は残せなかったですが、アグレッシブなドライビングで多くのファンを魅了したドライバーが佐藤琢磨選手です。

2010年よりインディカー・シリーズに活躍の場を移して9年が経ちました。 9年目シーズンとなる2019年もすでに第3戦で優勝をするなど、好調をキープしています。
今後も期待できる調子の良さです。

佐藤琢磨選手と言えばやはり日本人唯一のインディ500を制したドライバーです。 インディカー・シリーズには日本のトップドライバーも参戦をこれまでしていましたが、優勝すらしたドライバーさえもいませんでした。

通常のレースを優勝しただけでなく、世界3大レースの1つ「インディ500」も優勝するのですから、選ばれたドライバーの1人である事は疑いようがありません。

今回はそんなインディ500優勝記念のTシャツもある、佐藤琢磨選手インディ参戦を記念したTシャツを商品を紹介しています。

楽天とAmazonで販売している商品を紹介しています。 世界でも有数なネットショッピングサイトでお買い物を楽しんでいただければと思います

楽天で販売している佐藤琢磨のTシャツ


佐藤琢磨 インディ500 優勝記念 Tシャツ TS1709 【宅急便コンパクト対応】


佐藤琢磨 INDY 500 2014 記念 Tシャツ TS1408【宅急便コンパクト対応】

Amazonで販売している佐藤琢磨選手のTシャツ

Amazon | 【 佐藤琢磨 】 TS 2018年 INDY レイホールレターマンラニガンレーシング オフィシャルTシャツ (M身幅51cm着丈68cm) | Nikitea | スポーツ&アウトドア
【 佐藤琢磨 】 TS 2018年 INDY レイホールレターマンラニガンレーシング オフィシャルTシャツ (M身幅51cm着丈68cm)がスポーツ&アウトドアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | 佐藤琢磨 インディ500 優勝記念 Tシャツ (L) | | スポーツ&アウトドア
佐藤琢磨 インディ500 優勝記念 Tシャツ (L)がスポーツ&アウトドアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | 【佐藤琢磨】ポートランド優勝記念フォトTシャツ TS1808 Lサイズ | 佐藤琢磨コレクション | 四輪競技
【佐藤琢磨】ポートランド優勝記念フォトTシャツ TS1808 Lサイズが四輪競技ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon.co.jp: アンドレッティ オートスポーツ 2017 佐藤琢磨 インディ500 ウィナー Tシャツ…: スポーツ&アウトドア
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、アンドレッティ オートスポーツ 2017 佐藤琢磨 インディ500 ウィナー Tシャツ …を スポーツ&アウトドアストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
Amazon.co.jp: 佐藤琢磨 Indy Car ツアー Tシャツ ナチュラル (L, ナチュラル): 服&ファッション小物
Amazon.co.jp: 佐藤琢磨 Indy Car ツアー Tシャツ ナチュラル (L, ナチュラル): 服&ファッション小物
世界3大レースとインディ500

モータースポーツの始まりと共に歴史と伝統そして人気を誇るレースを世界3大レースと呼ばれています。
多くのドライバーがこの3つを制する事を目標としていますが、カテゴリーがないうえに年一回開催という事も有り達成したドライバーは「グラハム・ヒル」ただ一人なんです。

それぞれのレースを優勝したドライバーは複数いますが、2つ制したドライバーでさえ8人なんです。 うち現役ドライバー二人、故人が6人となっています。

これからみても3大レースを制すことの難しさが分かると思います。 そしてこれは現代である程難しいのが数字が物語っています。

自動車のレースとは言えカテゴリーが違いますので、求められる能力が違います。 

ルマン24時間は、その名の通り24時間走り続ける耐久レースです。 忍耐力と体力などこの間キープしないといけませんからね。 またレースではほとんどない夜間走行もありますから、この辺りも対応が難しいですよね。

モナコGPは市街地サーキットですから、とても狭くスリッピーです。 トンネルも有りコ―ナーも複数なのでドライビングテクニックが要求されます。

インディ500はオーバルコースという楕円形のサーキットを周回し続けるインディならではのサーキットです。 他の地域では体験できないものですので北米のレースになれる必要があります。

それぞれが大きな特徴を持つレースなのです。 特別なのは存在だけではないという事です。

当然ながらそれぞれのマシンを使用しますので、このレースだけというのではドライバーの持つ能力を最大限生かせない可能性が高いのもあって難しいのです。

コメント