夏の終わりは冬(スタッドレスタイヤ)への準備の始まり

自動車メンテナンス

暑かった夏も終わりを迎えようとしています。 深夜でさえもムシムシとしていたのが、何か上着を着ないといけない日も出てくるなど、徐々に季節は寒い寒い冬へと向かおうとしています。

温暖化と言われている近年ですが、冬の寒さは収まるどころかますます寒くなってきている感さえあります。 熱せられて蒸発している水分が地球上に増えているからという事なのでしょうかね。

2018年は暑かったですが、その分冬も寒いのでしょうかね。 昨シーズンを考えると更に寒いと思うとゾッとしますね。 夏も冬も天気に振り回されるようになってしまうのでしょうかね・・・・。 人類がしてきたことが原因なわけですので、人の手で環境を直していくしかないのでしょうけどね。

シーズン前にはスタッドレスの準備はすませましょう

どうしても人間その時にいざ困った!とならないと行動に起こせないものです。 しかしそれでも大丈夫なものとそうでもないものがあります。 自動車は当然ながら後者になります。

それは走行できないとなるだけでなく、走行中に事故等あった場合には自分だけの損害で済むとは限らないからです。 道路を利用するのは自動車だけではありません。 歩行者・自転車・バイクと多くの方が利用しているのが道路です。 そして時に自動車は凶器ともなるのです。

ですので雪が降った時がスタッドレス等の雪への対策をする時ではないのです!

今はまだ夏の終わりですが、雪への備えとして何を選択するのか考える時間も含めて、早めの準備の開始をお願いします。

利便性が高いのはスタッドレスタイヤ、コストで選ぶならばチェーン

雪への対策としては今ある選択肢は大きく分けて2つになります。 「スタッドレスタイヤ」「チェーン」となるわけですが、自動車の利用頻度と走行距離で選択するという事で良いかと思います。

「毎日自動車を利用している・走行距離も多い」そういう方はスタッドレスタイヤとノーマルタイヤを使い分けるというのがベストかと思います。 道路状況はちょっとした地形の違いでも大きく異なる事もあります。 ましてや走行距離が多いのであれば走行時に遭遇するリスクというのは相対的に上昇してしまいます。

特に雪が降るのがシーズンで数回あるかという地域の方にとっては、神経の使う運転になりますので特にスタッドレスタイヤでの走行をお勧めします。 スタッドレスタイヤならばいつも通りの走行とは当然行かないですが、安心・安全は気持ちを落ち着かせ気持ちに余裕も生まれるでしょうからね。

「買い物程度の使用頻度・走行距離が極めて少ない」そんな方は最低限のコストで済む「チェーン」で良いかと思います。 現代のはゴム製で出来ていて比較的装着も簡単ですからその時だけ利用するチェーンで良いかと思います。

もしくはレンタカー等でも冬はスタッドレスタイヤ装着というのもありますので、そういう時だけレンタルというのでも良いかと思います。 出来るならば雪道になれていない方は「乗らない」というのがベストですけどね。

雪が降ったら乗らないのが慣れていない人はベストな選択

そうは言っても会社があったり、買物だったりどうしてもそうはいかないという時もあるでしょう。 ですのでそんな時に騒がずに済むように準備をしておくのが何より大切なのです。

雪が降ってしまったり積雪の報道があったりすると、購入をと行動する方が増えます。 すると想像通り買えないという人も出てしまうわけです。 そうなってしまったらもう遅く選択肢も無くなってしまいますので、そうならないうちに準備をするというのがベストです。

何事も準備が大切という事です!

コメント