完全自動運転の導入は自動車よりも電車が先?

自動車

日本のみならず世界中の自動車メーカーそして自動車メーカではない異業種からの参入等多くの人達がゴールへ向けて試行錯誤を続けているのが、自動運転車の今です。

異業種からの参入という新しい風が吹き込む事が可能となっているのが、現状販売されている自動車でもカメラやセンサーそして自動運転制御のソフトを組み込む事で、それが可能となっているからであります。 要はハード面ではすでにその要件を完全ではないにせよクリアしているから可能としているわけです。

多くの参加者がいて世界中で自動運転技術が待ち望まれている事もあり、世界中の都市で実証実験が行われています。 参加者が多い事もあり、だいぶ現時点で見えている問題点というのも明らかになってきています。

現時点では状況が特定下であればある程、完成度が高いシステムとなっている

安定した天候、最新の都市計画の上で作られた街、交通量が比較的少ない、交通マナーが良い等高条件下で実証実験が行われている場合が多いのですが、それでも現状は多くの問題が解決できていないのが現状のようです。

まっすぐに走っている分には問題ないようなのですが、右左折時はどうもうまくいっていないようです。 特に右折は対向車もいますし、車線が多ければ対向車が死角になり曲がるのに支障が出ているなど現状のままですと安全は担保できないようです。

私達でも右折対向車有りですと本当に気を使いますよね。 1車線であっても隙間から2輪車が飛び出してきたりなどみなさんもヒヤッとした経験もあるのではないでしょうか?

やはり人でさえ判断が難しかったり見えずらいものというのは、自動運転にとってもクリアするのは難しいのです。 音だったりも私達は判断基準にしたりもしますから、少なくとももっと多くの周りの情報が得られなければこの課題をクリアしていくのは難しいという事です。

この辺りは以前にも話しましたが、自動車に搭載できるだけのカメラやセンサーだけでは恐らく足りないでしょう。

より条件が限られるのは電車

道路を走るという事は、周りにもたくさんの自動車がいる中走行しなくてはならないので、閉鎖された空間でないとこれ以上の限定空間は難しいでしょう。しかし実社会での実験が出来なければ、それはきっとこれ以上先には進まないので実験の意味が失われてしまいます。

そうすると自動車でない移動手段となると、定期ルートを走る公共交通機関のほうがより限定下になります。 その中でも電車は右左折もありませんし、電車に囲まれて走行というのもありませんのでより限定下となるわけです。

これだけ安定した空間は恐らく電車が一番でしょう。 飛行機でもいいのですが気象条件と離着陸というのがありますしね。 とはいえ飛行機もすでに安定飛行状態では自動航行をしていますけどね。

スポンサーリンク

ゆりかもめはすでに自動運転なのでこれから他へも広がるか?

そうは言いつつ既に東京お台場を走るゆりかもめは自動運転なので、すでに実装可能な技術なのですよね。 無人と言っても集中管理システムでそこで人がプラスαの指示を出しているので、自立型ではないのですがね。

なので完全無人ではなくなってしまいますが、それでも1つ1つの車両に運転士がいるよりは少人数で運行可能ですし、負担が小さいのは言うまでもありません。

ですので都市部ではなく地方の方がこのシステムを導入するのは早いのかもしれませんね。 本数も少なく経費負担も小さいですから、小さい規模で運営できるというのは大きなメリットですからね。

利用者が居ないのならば仕方がないですが、そうではないのであれば貴重な移動手段ですから存続させるためにも広域で一元管理される方が良い気がしています。鉄道網というのを維持していく為にも、こうした自動運転化は必要と考えますね。

なのでまだまだ条件下の厳しい自動車は自動化までの道のりはまだ遠いかなと感じます。 それよりも電車などより限定された空間を走行する車両がまず自動化されていくのが先になるでしょう。

労働者不足、経験者不足なども解消される事にもなりますし、安全運航の為にも自動化技術は大きな味方となる事でしょう。

なので電車の無人化運転が当たり前に都内でも見れるようになったら、自動車の自動運転車の登場は近いそう思っても良いのではないでしょうか?

コメント