客貨混載 次はタクシーで全国初スタートへ 

自動車

人手不足解消へ宅配事業者のいろいろな試みが続いていますが、そんな中で公共交通機関との融合を目指して「客貨混載」が全国でスタートしています。

電車・バスとの客貨混載がスタートしているのは、報道等で耳にいている方も多いとは思いますが、更にタクシーの客貨混載がスタートされる事が発表されました。電車・バスは定期航路(決められたルート)のみでしたが、ここにタクシーが加わる事で個別案件も取り扱う事が可能となるので、人手不足解消にどれだけ貢献できるのか?注目の案件になりそうです。

配達・集荷も個別に出来るのがタクシーの強み

宅配大手の「佐川急便」と京都にある「山城ヤサカ交通」が客貨混載事業をスタートする事になりました。 京都市南部が中心にこのサービスを展開するようです。

ここまでは行ってきたバスや電車はルートが決まっていて、駅や停留所等その間でしか出来ない事から、あくまでその間の移動手段の1つというのが主な使い方でした。 そこからは結局人の手が必要なのは変わらなかったわけですが、タクシーでは個人宅そして法人等事業者迄直接行く事が可能となる事から一歩踏み込んだ配達・集荷までこなす事が出来るのが今までとは違う客貨混載なのです。

個人タクシーとなると難しいでしょうが、タクシー事業者でしたら空いた時間にドライバーの何割とか、宅配事業をさせることで、収入には少なからず繋がりますので仕事の確保という意味でも面白い取り組みだなと感じます。

地方都市でこうした公共交通機関の存続が問題となるケースが多々報道されていますが、維持する事からもこうした客貨混載が経営を安定させる1つになるのかもしれません。 ただ単価は高くないと言われていますから、見合うのかどうかは結果を見る必要があるでしょう。

いろんな技術の発達により効率化は進んでいますが、それでも成長分野の人手不足解消には至っていません。 しかしタクシー+宅配 の様に1つではなく複数の仕事を兼任する事で、やっと生き残れる時代になるのではないでしょうか?

スマホがなくてはならないのは、携帯電話としてでは今ではありませんよね。 もちろん本職の電話・ネットでの使用に加えて、カメラ・会員カード・鍵・FAX替わりなど、多用途で活躍の場がある事からなんだと思います。

スポンサーリンク

これからは多用途でないと生き残れない

スマホは実に多くのキーデバイスとして活躍の場を広げています。 自動車とは鍵そしてナビの替わりなどこれからはもっと深い関係になっていく事でしょう。

スマホの様に多用途である事が、これからを生き残る大きな術となるのは間違いありません。 公共交通機関も今までの概念を捨てる事で、新たな道が見えてくると思っています。 乗せるものは何も人だけに限定する必要はないという事です。

利用者の多い都市部ではこれは必要ないかもしれませんが、地方都市での公共交通機関は数少ないう手段ですから、無くなってしまうというのは極力避けたいところです。 ですので地方都市ではこの客貨混載は取り入れなきゃいけない事業となるのではないでしょうか?

荷物を運ぶ事で収益を増やし、駅を中心にした物流網の整備というので公共交通機関同士が連携する事で大きなビジネスへと発展する事になる可能性は高いのではないかと思います。 そしてそれが経営の安定化をもたらし、公共交通機関を提供し続ける為にも大いに役立つと感じます。

そうはいっても重い荷物とか本職の方でも大変なのですから、タクシードライバに過度の負荷がかかってしまっては元も子もないので線引きは難しくなりそうですがね。

コンパクトシティ等計画する年もあるようですが、駅を中心とする事でこの宅配事業にとってはうってつけのシチュエーションとなるので、もっと全国で事業をスタートしてみても良い気がします。

人手不足の救世主となるかとは言えませんが、すくなからず赤字経営なんかしているところにとっては客貨混載は大きなビジネスチャンスになる事は間違いありません。 しかもまだまだ可能性は秘めていそうなので、もっと多くの都市で事業が始まるのを期待してしまいます。


コメント