新型トヨタ・ハイエースはボンネットタイプになるのは避けれない?

登録車

日本だけでなく世界中で長年人気を博しているトヨタ・ハイエース。 人気がゆえに未だに盗難率は国産随一という不名誉な記録を更新中です。

そんないろんな意味でも長く人気を維持しているハイエースですが、現行モデルはすでに2004年の発売から実に15年もモデルチェンジをせずにいるロングヒットのクルマなんです。

ハイエースの国外モデルはボンネットタイプに国内も新型に?

2月18日に海外モデルのハイエースがトヨタよりお披露目になりました。 セミボンネットと呼ばれる形状のものへと変更される事になりました。 年々厳しくなる衝突安全基準を満たすためには致し方ないのですが、まずは海外向けがこちらに移行する形になりました。

では国内もこのセミボンネットをもつ新型に切り替わるかというと国内は現状のモデルのまま販売を続けるようです。 ユーザーにとって本当の意味ではどちらが良いのか。 安全をとるのか積み荷(積載量)をとるのかという悩ましいのでしょうがね。

という事で国内は現行モデルを継続、国外は新型を投入できる地域にには順次新型の投入が始まるという事のようです。 東南アジアからスタートしていくようです。

新型ハイエースではやはり積載量に難あり

ハイエースと言えば壊れないのと同格ぐらいに圧倒的な室内空間を実現している事にあります。 いわゆる1BOXタイプですからクルマの形そのままが室内空間として確保できるのが最大の魅力ですね。

なので配達の様な荷物を運ぶという事や人を乗せるバスとしての役割もあったり救急車なんてものまで事業用途だけでなく実に幅広い範囲をカバーしているのがハイエースです。

福祉車両なんかもあったりで現代の日本を陰から支えている1台と言っても過言ではないクルマではないでしょうか?

それもこの最大にとれる室内空間があったればこそのハイエースである必要性ですから、国内では新型に切り替えというわけには今のところいかないようです。

セミボンネットの部分がありますので、同じ室内長を実現しようとすると全長が57cmも拡大するのだそうです。 新型は現行モデルに対してこれ程拡大して室内長は変わらないという事です。

狭い日本ですからここまで拡大するとなると慎重になるのは当然かもしれません。 流石にトヨタでも強気にはなれないですよね。

なので正確には仕方がなく大きさに対して厳しい反応が出る地域と大きさは関係ない地域で販売を分けるしかなかったというところでしょう。 どう考えても新型の方が全てにおいてクルマとしては良いわけですからね。

スポンサーリンク

安心安全を謳うならば現行モデルのハイエースではなく新型にするべき

同じボンネットが無いタイプと言えばトラックがありますが、トラックよりも小さいサイズとの事故であればその高さから問題はないのかもしれません。

しかしトラック同士での事故が無いわけでは当然ありません。 事故映像などでも見ますが現代のトラックでも事故時は結構凄惨な場面になっています。

ですので本来ならばボンネットがあるタイプに移行して安心安全を自動車メーカーとしての責務を果たすべきかと思います。 確かに運転はしやすいのですよね、運転席の高さも有り見渡しも良いのでね。

ただどう考えても事故時のリスクは高いのは当然というぐらいの代物ですから、この辺りで決別しても良いのではないかと思います。

ボンネットタイプでもハイエースは売れる! そのカギはあの車にあり?

昨年同じキャブオーバーのクルマが、最大の利点を捨てて登場したのがあるのですが覚えていますか?

そうホンダのN-VANです。 ホンダには1BOXタイプでアクティがあったのですがこちらの生産を終了して発売したのがN-VANです。

日本で一番売れているN-BOXをベースにしたFF車になるのですが、室内空間の広さは初めて見る人はびっくりする方も多いぐらいです。

それを実現させている大きな要因は「FF車である事です」エンジンをボンネット内に収める事でキャブオーバーではできなかったフロアをフラットにすることが出来ます。 そして動力を後輪に伝えるプロペラシャフトが無くなる事で低床にする事が出来、室内長が限られている中で高さを最大限利用する方にシフトしています。

私はハイエースならばこちらでも良いのではないかと思います。 積載量は確保できますし安心安全と言って販売も出来ますから。

当然ながらこれですべてが丸く収まるわけではないので、用途によっては拡大するしかないのですがね・・・・。

とりあえずは現行モデルの継続販売が決まった事で、購入を検討している方にとっては一安心となるのかがっかりなのか意見が分かれるところでしょう。 ただ現状はこれが決定したので動きやすくはなったのではないでしょうか?

コメント