新型日産デイズ・三菱EKにEVが設定される?

軽自動車

2019年春にフルモデルチェンジが噂される日産デイズ・三菱EKにEVが設定されるのではとの噂が上がっているそうです。

軽自動車では既に同じ三菱から販売されていた「i-MEV」がありますが、すでに軽自動車規格ではなくなっているので現在軽自動車ではEVは存在していないのですよね。

ちなみにi-MEVが軽自動車ではなくなったのは新しく施行された保安基準に対応する為に、バンパーの形状を変えた事による、全長の変更により軽自動車の規格では収まらなくなったため登録車へと移行しています。

軽自動車でEVとなると航続距離が気になりますよね

i-MEVは164kmの航続距離ですがこれが大幅に拡大して280km程になるのではないかとされています。 現行の日産リーフの通常モデルと同等ですから、軽自動車でこれが実現するのだったら金額次第では一気に普及する最初のモデルになるのかもしれません。

現行のi-MEVが294万円~という金額ですから、これより下回るのかなと思うのですが流石に軽自動車で普及と考えると200万円を切らないと難しいのではないでしょうか?

ターボ付きでも300万円近くだと流石に高すぎですから、そこにもってきてのEVと考えると値段が問題となりそうです。 結局リチウムイオン電池が高いですから、普及が進んだ今でも低価格は難しい気がします。

でも低価格が実現したらと思うと日産復活の足掛かりとなりそうに思うので、詳細が発表されるのが楽しみです。

☆月額 19,100円 楽乗りCAR 新車 ニッサン デイズ 2WD 660 ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション

デイズ・EKの通常モデルはガソリンエンジン+マイルドハイブリットになるようです

EVが楽しみな新型ですが、通常モデルのエンジンも大きく進化を遂げ「ガソリンエンジン+マイルドハイブリット」に進化をするようです。

詳細は不明ですが、マイルドですからスズキが採用しているようなダイナモでスタート時にアシストする形になるのかどうなのかという感じでしょうか?

専用モーターを積んだのでは価格が高騰しますから、軽自動車という事で考えるとスズキのIGSに似たものになるのではないかと私は予想しています。

軽自動車でEVが販売される意味は大きい

今まで新しい技術などは高級車からの採用が当たり前でしたが最近では売れ筋に積極的に搭載されて出てくる事が増えてきました。

プロパイロットがセレナがスタートだったのですが、日産にとっても長年続く人気車に搭載された事で大きな関心を集めましたので、普及させようというのが本気ならばまず軽自動車でというのはまた大きな関心を生む事になるのではないでしょうか?

一番最初に搭載される事で多くのメディアでも取り上げてくれますので、下手なCMを作るよりもよっぽど効果のある宣伝となるのではないでしょうか?

現在まで続く日産のイメージ悪化にあってもデイズとノートは変わらずにライバル達と良い争いを続けています。

デイズの登場で新しい日産が次の高みへと向かう新たなるスタート地点となるのではないでしょうか? いやそうなってもらいたい。

今年は新型ラッシュが予想されますので、皆さん日産に注目をお願いします!


コメント