日産 次期フェアレディZの販売は18ヶ月以内に決定?

登録車

今後18ヶ月以内に販売する新型を紹介した動画が、YouTubeに公開されていて、その内の1台がフェアレディZと紹介されているのです。

シルエットの様な画像なので分かりにくいのですが、動画でも「Z」と発表していますので間違いないようです。

次期フェアレディZの日産公式動画はこちらから

【企業】#NissanNext A to Z

SUVやピックアップトラックなど計12台が今後18ヶ月以内に販売されるようです。

2021年年末までに12台の新車投入となるので、ここまでの日産とは違いラインナップの拡充を一気に進めるようです。

スポンサーリンク

S30型を彷彿させるデザイン?

アメリカでも未だに高い人気を持つS30型のフェアレディZの様な、リア周りのボディデザインが採用されているように見えます。

スポーツカーの王道、ロングノーズショートデッキは今回も採用されるようなので、スポーツカーらしい王道スタイルが次期モデルも採用されそうです。

近年ではこうしたスポーツカーらしいモデルは少なくなってきているので、話題にはなりそうですね。

日産のフラッグシップカー「GT-R」との2枚看板で日産復活の象徴となりそうなモデルになるかもしれませんね。

zといえばコンバーチブルも似合うので、次期モデルでも採用してほしいところです。

フェアレディZは生誕50年を迎えた日産最高傑作のスポーツカー

ダットサン・フェアレディというオープンカーを源流に持つ、日産のピュアスポーツカーがフェアレディZです。

1969年に初代S30型が登場し、現行モデルのZ34型が第6世代になります。

Z32型で一時は販売は中止されはしたものの、かのゴーン氏の鶴の一声で復活したと言うのはよく知られたお話かと思います。

S30型はクラシックカーの人気があまりない日本でも別格となっている1台です。
日産ではハコスカも人気ですが、私は断然Z派です!


湾岸ミッドナイトという走り屋の漫画の影響もあるのでしょうが、美しいボディラインと現代では見れないスポーツカーらしいスポーツカーであるのも後押ししているのでしょう。

歴代のモデルの人気もあるので若い方よりも、歴代モデルが青春時代にリンクする方の方が中心になるのかもしれません。

価格も安いわけではないので、経済的に余裕のある方が多くなるのかもしれませんね。

ただ2ドアなんで、ドライブを楽しむ若い方に乗ってもらいたい1台です。日産の今の技術を惜しみなくつぎ込まれるピュアスポーツをぜひ堪能してみてください!

スポンサーリンク

コメント