日産・スカイライン ビッグマイナーチェンジの効果絶大?  事前予約は想定の9倍だった

登録車

2019年7月16日に発表、同年9月17日に発売が開始された日産・スカイラインの事前予約数が約9倍を記録していた事が発表されました。

発売前の8月末までの台数のようですが、1760台の受注となっていてこれは販売計画の9倍にあたるのだそうです。
ちなみに月販目標は控えめな200台だそうです。

9倍という数字に反応して調べたら目標の数字がこれとは、かつての人気車も現状はこれなのかとそっちの方が衝撃的でした・・・・。

ハイブリットとターボの比率はほぼ半々 

大きく分けてV型6気筒3.5ℓガソリンエンジン+ハイブリットとターボモデル(ターボモデルはV6 3ℓツインターボと新型V6 3ℓツインターボ 400R用)の構成になっています。

NA(自然吸気)いわゆるノンターボは設定されていません。 ただ国外仕様はディーゼルエンジンがあるようなので追加で登場する事はありありそうです。

比率になりますがハイブリットが48%、ターボモデルが52%と若干ターボの方が受注は多いという結果になっています。

台数が台数なだけに400Rに日産も想定外の注文が入っているそうで、このために割合が増えているという事でしょう。

販売が落ち着けばこの数字はならされて逆にハイブリット優勢に落ち着くのではないかと思われます。

スポンサーリンク

Rの名をつける以上は妥協はない

日産がRをつけるというのは特別な意味を持ちます。 
日産のフラッグシップカーである「GT-R」に端を発するRは日産にとっては特別なのです。

歴代モデルでも「GTSR」ってのもありましたが、Rがない時に出したスペシャル仕様でした。普通じゃ付けないこの名前を付けての登場なだけに、なかなか強烈なクルマのようです。

スカイライン史上最高馬力である405馬力を発生する心臓を持ち、電子制御サスペンションやダイレクトなドライビングフィールを実現した最新の電子制御パワーステアリングなど。

電子制御技術がふんだんに詰め込まれたスペシャルパッケージのようです。

400RのエンブレムもR部分だけ赤になっていたり、専用アルミホイールが装備されていたりと、エクステリアもRという名に恥じない施しが随所にされています。

4ドアスポーツがちょっとした注目が高まっているようでポルシェのパナメーラに代表されるクラスになるのですが、メルセデスベンツからも対抗馬が出ていたりとするので、400Rはここを意識したものになるのではないでしょうか?

その効果が少し出ているからこそ、購入層は30代ぐらいまでのオーナーが中心なのではないでしょうか?

注目はやはりプロパイロット2.0

車線変更までも可能とした進化したプロパイロットは大きな注目点となっています。
全車標準装備としているので、分かりにくいですがセレナで考えても半数が選択していたのですからこれがあったからこその数字なのでしょう。

日産のこの状況にありながらも購入まで至るのは、やはり注目度が抜群だからこそというところでしょう。

特にロングドライブを好む層が多いツアラー系統のスカイラインですから、プロパイロットの搭載は大きな魅力です。

渋滞に遭遇する事も多い日本ですから、ドライバーアシスト装備は必需品となるでしょう。

次世代エネルギーも注目点ですが、同時進行で進む自動運転車への理解が少しずつでも進んでいるのもプロパイロットが注目されている理由になるのでしょう。

こうして少しずつドライバーから機械へとシフトしていくのが、少なくとも日本人にとってはベストだという事です。

利用者の声や便利さそして事故率の減少等のデータが増える事が、今は一番必要な時という事ですね。

実績でしか信用は得られないそんなところで人は折り合いをつけていくのでしょうしね。

コメント