曙ブレーキから始まるのか自動車部品サプライヤーの再編

自動車

2019年もはや2ヶ月が終わろうとしています。 その間に自動車業界の様々な報道がなされていますが、2019年は今までと違った話題が目に付くようになってきました。

世界中の自動車メーカーから続々と発売が予定されているEVの事前受注台数や新車発表です。 スポーツカーメーカーのポルシェから始まり日産リーフの進化バージョンそしてアウディのe-toronと直近だけでも多くのEVのニュースが報道されています。

そして時を同じくして日本の自動車サプライヤーの「曙ブレーキ」の事業再生の申請です。 一見関係ないように見えますが、EVの登場はクリーンエネルギーへの転換点というだけでなく、多くの自動車部品サプライヤーにも影響が出ると言われ痛みが伴うものだと予想されているのです。

EVの登場で影響が出るのは石油業界だけでなく自動車サプライヤーの多数?

EVは今まで動力源として使われていた内燃機関からモーターへと変わる事から、エンジン関連の部品が消滅するのは想像しやすいところかと思います。

スパークプラグや排気ガスを排出させるマフラーなど、数えたらきりがない程のパーツで構成されています。 ここも多くが日本メーカーが最大手だったりしますので、主力事業としているメーカーにとっては大きな痛手となるでしょう。

しかし自動車メーカー自体は従来の鉄を中心にした材料で自動車が作られているうちは、その座を奪われる事はありません。 しかしこちらもまた重量を減らす事で航続距離が伸びる事から炭素繊維など新たな材料へとシフトするでしょうからそこまで安泰とは言えないのです。

ただし今のところは自動車は個人が買うものですから、そこまで世の中にある自動車がいっきにEVへとなる事はありません。 徐々に徐々にEV比率が高まるというイメージで間違いない事でしょう。

実際のところ自動車メーカーもサプライヤーも徐々に厳しい状況へと向かうそんなイメージで間違いないでしょう。

EVは部品点数が少ないシンプル構造なのが自動車サプライヤーの再編の要因

EVは部品点数がとても少なくシンプルな構造になります。 バッテリーとモーターと車体実際にはここまでシンプルではありませんが、主な構成パーツとしてはここまで少なくなるのです。

今まで当たり前にあったマフラーやラジエターといった切っても切れないパーツたちも無くなってしまいます。 マフラー交換でいい音になるなんて事はもう楽しめ無くなるのです。

日本でもグローバルなサプライヤーが多くありますが、これから先は厳しい時代になる事でしょう。 そうなる事もあってカルソニックなんかは販路を求める方にシフトさせたのでしょう。日産だけでは難しいという現実を見たからでしょう。

大手はまだ時間と資金があればまだ選択肢は多くある事でしょう。 しかし中小はそういうわけにもいきませんから、より厳しい時代となるでしょう。

 

スポンサーリンク

曙ブレーキは販路の不振が影響なのか?

曙ブレーキはお堅いイメージもあって無縁のように思っていたのですが、これにはアメリカの自動車メーカーの不振に原因があるようです。

ブレーキですからEVになっても問題なさそうですが、この辺りは米中の貿易戦争のあおりもうけてという面も大きいのですが、アメリカ国内だけでしか台数を稼げなくなってきているアメリカ系の自動車メーカーの弱さが要因でしょう。

EVも自動運転の開発競争でも出遅れていますから、将来的にも一人負けするはアメリカ系自動車メーカーとなるのではないかと。

特に中国は新エネルギーなど新しい分野への投資は民主主義ではないので迅速で規模が大きくなるのです。 いやでも中国メーカーの存在は無視できなかったりするのです。

自動車産業はこれからEV比率の高まりと共に再編が進む事でしょう。 事業再生というところまで行く前に打って出ないとなかなか身動きが取れなくなってしまいますからね。

自動車メーカー自体も再編は避けて通れないでしょうが、サプライヤーは数が違いますからこちらの方が今年もいろんなニュースが出る事となるでしょう。

EVの登場は自動車の1つの時代の終焉ですから、自動化が進む私達を取り巻くものと同じぐらい鵜の変化を経験する事になるのでしょうね。

わたしも数年後は何をしているのやら・・・・・。

コメント