流れるウインカーの視認性が高いとは言うが見慣れないからというのが正しい?

自動車

最近国産メーカーでも採用が続く流れるウインカー(正式にはシーケンシャルウインカー)。

進行方向にウインカーの点灯が進むので、自動車に乗らない方にも分かりやすいので視認性が高いなんて言われます。
それって本当なのでしょうか?

昔は違法今は合法の流れるウインカー

流れるウインカー自体は昔からあり、自動車に乗る人ならば見た事はあったものですよね?
乗用車では見かけた記憶はないのですが、トラックなどの大型車がウインカーを流れるものにカスタムしていたものです。

確かに見る事もそうないですし、進行方向に点灯していくのですから目がいったのは事実です。

さてこの流れるウインカーですが、先程も触れましたが合法になった事で日本でも標準装備という形で登場しています。

世界基準に日本の制度も合わせるという目的で法が改正された事により、国際基準に準拠するものになったことを契機に使用がスタートしたのです。

当初は輸入車が中心でしたが、レクサス・トヨタの一部そして日本で一番売れている軽自動車のN-BOXが採用した事で、俄然世間で注目の存在になったという感じでしょうか?

スポンサーリンク

流れるウインカーに効果はあるのか?

子供達にも直感的にいこうとしている方向が理解しやすいと言われています。

確かに分かりやすいというのはありますよね。 進行方向に点灯していき最後は全て消灯する目立つと思います。

私自身は確かに目がいくなとは思います。 
皆さんはどう思っているでしょう?

でも今までのウインカーって分からなかったのか? と言われると当たり前すぎて私には判断がつきません。

最初からこれですし分からないという事さえなかったので・・・・。
ウインカーさえ使ってくれればね。

見慣れないからではないかと思うのは私だけなのだろうか?

そもそもこの流れるウインカーの効果について統計などのデータがあるわけではないようなので、正確な話ではないのだそう。

答えのない答え探しなのですが・・・。

ただ思うのは見慣れないからというのが大きい気がしています。 
今のところそう多くはない状況なので、1台だけ違う点滅をする。
いわば一台だけイレギュラーがいるわけです。 

この状況で判断するのはちょっと難しい気がします。
一台だけちがければ目がいってしまいまうものではないですか?

例えばアメリカ車がテールランプ(赤色)が点灯するものがありますよね?
また球切れなんかも結構私は目がいってしまったりします。

そうなるべきものがそうじゃない、見慣れないものに目がいくのは当然なのではないかという気がしています。

なのでこれが当たり前になった時じゃないと答えは出ないのではないでしょうか?
見慣れた時にどう感じるのか楽しみにお待ちください!

スポンサーリンク

コメント