爆売れスズキ・ジムニー 納車待ちは徐々に解消か?

軽自動車

2018年7月に20年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けて販売したスズキ・ジムニー。 発売前から国内外から大反響のうちに販売がスタートして、あっという間に1年待ち以上を記録するなど空前の大ヒットとなっています。

SUVは世界的な人気により多くのメーカーが販売していますが、本格オフローダーは世界的に見ても皆無な事も有り、そのスタイルの良さも相まって、国産車で今一番ホットなクルマといっていい事でしょう。

空前の大ヒットという事で納期が見通せないのが続いていましたが、とうとうラインの増設の効果が出始めたのか2019年1月の状況は変化が見えてきています。

ジムニー増産効果で納期短縮なるのか?

生産ラインの増強には当初悩んでいたスズキでしたが、勢いが止まらない事も有り2019年より生産ラインの強化が発表されました。

輸出向けも同じラインという事も有り、世界販売にも支障が出る事から生産ラインが増強されたという話もあります。 恐らく海外向けもすでにオーダーを抱えているのでしょう。 最新の電子機器を搭載はしているものの、本格オフローダーの能力は変わらず持っているのも有りその人気は国内だけではとどまりそうもないですからね。

スクエアが貴重なボディデザインと性能を重視したボディパーツとの組み合わせは、長年販売を続けてきたジムニーだからこそできる芸当ですし、今更このジャンルに足を踏み入れるメーカーは無いでしょうからこれからも唯一無二の存在として君臨し続ける事でしょう。

スズキ・ジムニーのFMC後の販売台数の推移

  • 2018年 7月   5062台
  •       8月   1894台
  •       9月   2070台
  •      10月   1851台
  •      11月   1861台
  •      12月   1706台
  • 2019年 1月   2410台

発売月だけは準備をしていたのか、大幅に台数がありましたが、8月以降12月までは1800台前後を推移していましたが、とうとう2019年1月500台程上乗せをする形となりました。

2019年1月ぐらいを生産ラインの増強を謳っていましたので、その効果が出たのではないかと考えています。 生産ラインの見直しで効率が上がったという事もあるので、まぁもう少し見ていく必要はあると思いますがね。


スズキ ジムニー XG 4WD 660 ガソリン 4人 4FAT 3ドア【新車】個人向けカーリース(オートリース)

ジムニー納期は1年からどれぐらいまで縮まっていくのでしょう

本当に話題となっているので皆さんの周りでも購入した方はいるのではないでしょうか? 実は私も知人が購入したのですが未だにきていません!

購入時にやはり2019年の夏ぐらいとか言われていたようなのですが、増産が決まる前でしたので、怪しいよね~なんて話していたのですが。

ただラインの増産はしているので解消の方向には向くでしょう。 しかし注文自体はまだまだあるでしょうから納期がいっきに短縮とはいかないでしょう。

輸出用が国内とは違い人気がないというのならば違いますが、国外の状況も絶好調のようですからこちらも大幅納期短縮とはならないでしょう。

しいて言えばシエラの方が輸出用は主という事です。 ただボディ自体は一緒なので・・・・。

さて納車を心待ちにしているオーナーもいらっしゃるでしょうが、残念ながら納期の大幅な短縮うのは現実的ではないようです。 

やっと街中でも見かけるようになってきていますので、間違いなく皆さんの手元に届くのですから、気長にお待ちいただければと思います。 最近では納車を心躍らせて待つそんな自動車は記憶にないので、待つ時間も楽しむそんな緩い感じをお勧めします!



   

コメント