義務じゃないけど自動車保険に加入するべき理由

自動車保険

マイカー所有には事故等何かあった場合にクルマと人を保険という形で守ってくれる制度が存在しています。そしてその保険には下記の2つの種類があります。

  1. 車購入時や車検の際に加入が義務付けられている「自賠責保険(強制保険とも言われます)
  2. 任意保険と呼ばれるマイカーの損傷から負傷者への補償が手厚く守ってくれる自動車保険

自賠責保険だけではカバーしきれないからの自動車保険

  • 軽自動車   25070円   24ヶ月
  • 登録車    25830円   24ヶ月

車検が2年ですので今回は参考に掲載させていただきました。

2年で両クラス共に約25000円程になりますので、これだけでしたらそこまでの負担感はありませんが、車検時の支払いはそれだけではなく車両整備費そして税金もありますのでトータルで10万円越えですから高い買い物になりますよね。

それなりの掛け金を払っているのだから、自賠責保険でもある程度カバーできるのではないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、実は保証される範囲がとても狭いのです。 実際に起こる原状回復や治療費などはカバーできないのです。

補償は対人に限られる
支払い最高額は1名につき死亡・後遺障害で3000万円
傷害では120万円
自分自身そしてマイカーは保証外なんです。 そしてバードレールや電柱など道路上にある物など補償対象外で自己負担となるのです。
そして治療費や補償額以上を求められた場合も不足分は自己負担となるのです。
自賠責保険は事故時相手がたがあった場合最低限の補償を受けられるための受け皿と考えてもいいのではないでしょうか。
ですので事故時には様々なものが対象となる可能性がありますので、任意保険の加入はドライバーをいろんな意味でも守る盾となりますので加入するべき保険と考えた方が良いと思います。

任意ではあっても入るべきが自動車保険

自賠責保険だけではもしもの時には安心と呼べるものではないのはお分かりいただけたと思います。
確かに自賠責保険が強制保険と呼ばれるように、加入しない事で罰則があるものではありません。懲役刑や罰金刑になる自賠責保険とはちがい自動車保険(任意保険)にはそういったものはありません。
しかし死亡保障も高額になる裁判事例も多くあったり、治療費も高額になるなども多く見られます。
そしてガードレールや信号などもびっくりするほど高かったりするのです。 こういったものはこれから自動運転社会に近づくにつれてもっと高額のものも増えてくるでしょうから、そういったものも保証してくれる自動車保険の加入は必須なのです。
逆に無保険車による事故に巻き込まれるケースも残念ながら0%では無いのです。 ルールを守らない人というのは計算でいくとほとんどの方が遭遇しているぐらいいるのです。
また相手がいない自損事故というものもあります。 その際に修理が必要になる自動車に関しても車両保険付きの自動車保険でないと保証されないのです。 そう自己負担なんです。
最近のクルマは性能向上にもより1つ1つのパーツが高額になってきています。 軽自動車は割安なのも多いですが、その軽自動車も今では以前のコンパクトカーぐらいの価格にまで手が届く程のクルマも多くなってきています。
事故というのはあおうと思ってあうものでは当然ありません。 ですので使わなければ全くの損となってしまう掛け捨ての保険です。
しかし発生を0%とすることは誰にもできません。 ですので皆さんも負担が大きくて大変ですが加入する事を強く希望します。
もし負担がというなら自動車を保有しないで生活できるライフスタイルへと変える事をお勧めします!


コメント