自動車の安心安全はお店選びから始めよう

自動車メンテナンス

自動車を購入するにあたり今では安心安全というのが、検討する材料の1つともなっています。 所謂先進装備と言われるものがそれにあたるわけですが、私達ドライバーそして道路を使用する2輪車・自転車そして歩行者にとっても予防安全そして安全運転など私達の運転する自動車を休みなく支援してくれるシステムです。

人の集中力はそう続くわけでもなく、その日の体調等にも左右されるなどしますからこうしたシステムの発展めざましい今、必須となるのは当然の流れかと思います。

ただこうしたシステムは各メーカーが競って開発を続けていますから、メーカーにより構成や考え方が違うシステムともなっています。 ただ機械ですから永遠に壊れずに作動するものなどはありません。 ですので定期的な点検とメンテナンスはこれからも必須な事となります。

メンテナンスを含めた事でお店選びは重要

個人リースなどの登場にもより購入の形は増えましたが、いずれにしても新車の場合は販売元は自動車メーカー系のディーラーになります。 なので新車はディーラー、しかし中古車に関しては個人も含めて選択肢はたくさんあるかと思います。

そしてほとんどの自動車ユーザーは購入したクルマとは長い付き合いとなります。 高額商品でありメンテナンスは必須な自動車にとっては、維持するためのアフターサービスも含めて考える必要のある商品です。

維持費も経済的負担が大きい自動車ですが、安さを優先してお店選びをしている方はいませんか? 中古車等で購入してもメンテナンスはお乗りの自動車のメーカー系ディーラーでしている方は問題無いのですがそうでない方は知識がない方は注意が必要です。

ハイブリット・e-powerなどエンジンだけみても電気で動くものが増えています。 パワーステアリング(パワステ)も、前はエンジンの力を利用して油圧でハンドルに力をアシストする形でしたが、今ではモーターでアシストする電気的なものへと変わっています。 エアコンも電気化が進んでいますね~。

先進装備だけでなく今ではエンジン関係も電気が重要な役割を果たす電子デバイスへとすでに進化しています。 なので機械的なものではなくなっていますので、こうした機器の点検・メンテナンスには専門の知識を受けたスタッフと専門の点検用のテスターの存在が不可欠になります。

知識とテスターがこれからのメンテナンスでは必須!

メーカー系の自動車ディーラーでは定期的に勉強会や社内試験が、メーカーの人を加えて行われている事により多くの知識とデータが蓄積されています。 一般の工場では業務をしながら講習などにスタッフ教育を充実させられるところは少ないでしょう。

しかも自動車ディーラーは自社がメインですが、一般の整備工場では国内外メーカーを対象にしていますので、それこそどこまで手が回るのかというのが現実でしょう。

そして点検・診断をするテスターも高額となります。 ここでも一般の整備工場はそれぞれのメーカーに対してのソフトを購入しないといけませんので、これの負担も大きいものとなります。

ですので一般の整備工場等でメンテナンスを考えている方は、今一度考慮そして欲しいのです。 先ほども言った専門の知識を得るための講習会や知識の蓄積、そして専門のテスターと人とモノ両方が必要となります。

これらを満たす事が出来る整備工場との付き合いが今後大切になってきます。 安心安全の車を乗っていても、その性能が発揮されないのでは意味がありません。 ですので今後はこうした観点からもお店選びにも慎重な判断をお願いしたいのです。

こうした技術・知識を有している整備工場もあります。 そういったところは隠さず公開しているでしょうからHPなどで、確認をしてみるというのをお勧めします。

ただ安いだけで不透明なところが多い業者も残念ながら多数いますので、新しいクルマ程その差が顕著に出ますのでご注意をお願いいたします。

自動車は高い買い物で、長く付き合うものですから先の事も考えたプランで、安心して自動車と付き合えるお店選びにも慎重さが必要となってきます。


コメント