自動車の次のトレンドは一周回ってミニバン?

自動車

日本のみならず世界的なトレンドとなっているSUV。
トヨタ・日産・ホンダといった量産車メーカーのみならず、プレミアムカーメーカーやスーパーカーメーカーと言った自動車メーカーまでもがラインナップにSUVが加わる程流行という見方でいえばまさにピークと言えるほど市場が飽和状態とも言える状況です。

大・中・小といったサイズでのラインナップに加えて、3列シートの採用など各メーカーでのラインナップもすでに完了に近いなどして、派生モデルという次のステップに踏み込むのかという兆しすら見えてきています。

ただやはりここまでのバブルとも言える状態まで達した事で、逆にその後というのが気になってきますね~。 バブル崩壊という荒波を越えてきただけに、余計にこの過熱感が気になるのかもしれません・・・・。

そこで今回はそんな自動車の次のトレンドを探ってみようと思います。 

中国・中東・東南アジアでも人気爆発! ミニバン人気沸騰のなぜ?

トヨタのSUVと共に人気が高まっているのが、同じトヨタのアルファード・ヴェルファイアです。 関税等の関係で中古車が主流にもかかわらず、トヨタの誇るミニバンには新車での輸出もされているのだそうです。

東南アジアなんかでも経済発展が著しいとはいえまだ日本との差がある国であっても、ミニバン人気が高まっているそうです。

日本であれば340~1570万円程で新車が買えるので、スタンダードとしては700万円程で購入となるのでしょうか?

その車が現地では2000万円を超える価格にも達するなど流石にそう簡単に手が出ない価格なんだそうですが、それでも富裕層を中心にとても人気が高いのだそうです。 それだけ欲しいという人が世界で増えてきているという事なんです。

中国と中東に関しても世界有数の経済大国ですから多くのセレブがいらっしゃいます。 そうした方々がこぞってミニバンを求めているのだそうです。

こうした方々と言えばまず思い浮かぶのはスーパーカーなどの超高級車が思い浮かびますが、そうした車とは違い量産車であるミニバンに人気が出るのはなぜなのでしょうか?

スーパーカーなどはいわば趣味や資産といった意味やステイタスなどといった事で所有する事が主であると思いますが、ミニバンに関しては日常の足としての利用がメインで買い求められているようです。

こうした所謂VIPカーと言えばセダンタイプの車が選ばれてきましたが、どんなに大きな車であっても乗り降りや解放感といった満足感というのは高かったのでしょうか?

今ではタクシーにも採用されるなど、体の大きな方や体の不自由な方なども含めてその満足度は高いと言われています。 低床そして背の高さからの乗り降りのしやすさ、そして大きくとれる室内空間は圧迫感も無く好評なんだそうです。

室内でも業務が出来るスペース(パソコン利用できるデスク)や足を延ばせる家や職場でも使うようなタイプの様なくつろげるシートもあるなど、今や忙しい経営者の方が社長室代わりにも使える仕様も設定されるなど、現代のVIPカーとして新たな市場を日本で作られ磨かれた事でとても完成度の高いミニバンも登場しているのです。

N-BOXが不動の人気を得ているのはこうした圧倒的な室内空間が多くのユーザーの心を虜にしている事からも、ミニバン人気が始まりつつある兆候なのかもしれません。

スポンサーリンク

欧州ではメジャーではないが日本もアメリカもすでに定着しているミニバンの未来は明るい

日本では昔のミニバンブーム以降も規模は縮小したものの、定番のカテゴリーの1つとして変わらずに一定数の販売台数を記録しています。

日産のセレナはプロパイロット搭載が話題になった事も有り2018年度では登録車で4位になるなど、縮小する市場の中でもSUVよりも上位につけています。

大型サイズのミニバンのトヨタ「アルファード」も2018年度の登録車で15位となるなど、大・中・小型いずれも根強い人気を誇っているのがミニバンなんです。

なので日本に関してはすでにその下地は出来上がっている状態ではあるのです。 ブームとかトレンドというよりは日本ではスタンダードとなっているというのが正しいのでしょう。

なのでもしミニバンが次のトレンドになったとしても、すでに日本メーカーのラインナップはありますので大きな盛り上がりはないのかもしれませんね。

さてアメリカはミニバンではなく言い方としてはミニがないバンでしょうか? これも長く使われているクラスであり定番となっているのです。

日本のミニバンブームの始まりは、アメリカのダッヂやシボレー・アストロなどが輸入されアウトドアブームにも相まってブームとなったと言われています。

ですのですでにそういった自動車で行くアウトドアなど、アメリカの自動車文化というのは広く奥深いですからその時ですら定番の1つだったのです。

大きな国の移動というのが意識されるアメリカですから、こうした車は常に発展をしていたのですよね。

ヨーロッパなんですが、ここが意外と空白に近いのです。 現状でもVWからシャラン、メルセデスベンツからVクラスがおもだったところのようです。

走りを楽しむ文化というかクルマ本来の走りを楽しむって印象があるのですが、だからなのでしょうか? キャンピングカーというイメージがない気がします。

牽引するキャンピングカーってイメージな気がします。 普段と休みは切り離されているそんな感じでしょうか?

定着していない巨大市場があるのがミニバンの可能性を高める

巨大市場のヨーロッパそして中国から東南アジアそして中東までがまだまだ手付かずの市場となっているミニバンが次のトレンドになる可能性が高いのではないかと思います。

特に自動車メーカーも多いヨーロッパ市場が空白に近い状態というのも、起爆剤の1つになるのではないかと思えます。

走行性能というのはそのシルエットから弱点ではありますが、そのユーティリティ性は高く走りを楽しむこと以外はそつなくこなせる事から現代のキーワードにもなる多機能というのにもマッチしますので可能性を感じます。

またVIPカーとしてのミニバンというのもまだ浸透していないでしょうから、乗せてもらう自動車としてのアプローチも効果は高いのではないでしょうか。

なので私は次のトレンドはミニバンであると確信しています。

しかし日本では既に定番ですからあまりトレンドとは感じることは出来ないのかもしれません。 今の日本経済の様に好調なのを感じないままという事になる可能性はある気がします。

コメント