自動車保険はどこも一緒ではない 料金だけでなくサービスも違うので比較するのが大切です

自動車保険

日本初の保険会社から外資系迄今では多くの保険会社が自動車保険を扱っています。
テレビのCMやメディアでもよく目にする事でしょう。 そして多くの保険会社があり分かりづらさを生む事にも繋がっていますね。

人に対する保険同様にみなさんそれぞれで保険料が異なる事から、分かりづらさを生むきっかけになってしまっています。

それにより個人で比較しようとするとすごく手間がかかってしまう事から、二の足を踏む方は多いのではないでしょうか?

多くの参入業者がいるという事はそれだけ違いがありますので、比較サイトを通じて今では手軽に比べる事が出来ますのでこの機会にお得になることを知っていただく機会として頂ければと思います。

家計負担が大きい自動車だからこそ比較サイトを利用してお得な自動車ライフを!

原材料・人件費の高騰に加え安心安全を実現する先進装備の充実などで自動車の価格も高騰を続けています。
また消費増税が控えていますが、これが施行されると自動車保険も値上げをすると言われています。

失わずに済む変えがたい命の為ですから致し方ない部分はあるので多くの方が大手を振って賛成とまではいかないまでも仕方なしとの思いでいるのではないでしょうか?

グレードや車種を変える事で少しは負担も減らせますが、自動車がないと生活に支障がある方にとっては厳しい時代ではあります。

非正規雇用も4割程そしてそれ以外もの方でも中小企業の方の方が多いのが日本ですから、高騰する物価に給料の上昇がともなわない事で、自動車を持つ方には家計負担が大きくなあり続けているのが今の日本かと思います。

ただ辛いシンドイ言っても国は助けてくれませんので、まずは自分達で出来る事をして生活を守る事をしないといけないです。

ですのでまずは比較的簡単にできる自動車保険の見直しをオススメします。

メディアでも多くの損保会社を目にするだけあって多くの企業が市場に参加しています。 そんな多くの損保会社の持つ自動車保険商品を比較する事で保険料そしてサービスをお得になるチャンスにもなっています。

自分でやるには時間も手間もかかりすぎるので比較サイトを使いましょう!

大小・外資系合わせると現在20社以上があると言われています。 窓口業務だけなども含むとその数は相当数だと思います。

そうなってくると自分で比較するのも手間がかかりますよね?
いくらネットでも可能となっている時代でもあまりにも時間がかかりすぎます。

そして自動車の保険といっても乗るドライバーそして乗る自動車の2つにより保険料が変わるので、見積もりといっても人それぞれになるので見積もりに必要な情報も多くなり手間が多くのなるのです。

年齢による保険料の違い

高齢ドライバーの事故が問題になっていますが、割合でいうと若年層の事故率の方が高いです。 

  • 運転技術の未熟・経験不足
  • 若い年齢程スピードを出してしまう

誰もが始めは通る道で当然ながら経験不足なわけです。 予測運転なんてのも経験を重ねる事で精度も上がりますし、致し方ない部分ではあります。

車種による保険料の違い

事故率の高い自動車や盗難率の高いクルマなど、車種ごとに保険料が違う料率クラスというのが設定されています。

私達が悪いわけではないのでなんとも理不尽な話ではあるのですが、保険料の支払いが多いクルマというのはデータとして出ている事なので、これは受け入れるしかありません。

当然ながらそういうクルマは人気車が多いのですがね・・・・。

ちなみに今のところこの料率クラスを採用していないのは「軽自動車」だけです。 なので軽自動車は一律同じです。ここにも軽自動車お得な理由があります。

車種・ドライバーのデータを元にするので比較するならば一括査定が有利

クルマに関しては車検証、ドライバーに関しては免許証のデータを元に保険料が決まりますので、見積もりの際にもこのデータが必要になります。

なので複数社を見積もりするとなるとこのデータの入力を繰り返さないといけません。 これがどうしても手間になってしまうのです。

ですのでこれを一回の入力で済ませられる一括査定というのはとても楽で便利なのです。

そして損保会社がたくさんあるというのと、ドライバーと自動車の2つで保険料が変わる事も有り各社で実際には料金は変わってくるのです。

同じ会社ではないですから同じ内容であっても、経費も違いますので違いは生まれるのです。

ですので比較サイトでこのチャンスに巡り合ってもらいたいと思います。

ガソリン代も高く維持費も高くなっていますので、家計負担を減らすチャンスを生かしていただければと思います!

コメント