自動運転車の安全性を高めるにはインフラが鍵?

自動車

自動車メーカー各社が開発競争を繰り広げていて、徐々に完全自動運転の登場に向けて突き進んでいます。 ですが現状では市販されている自動運転のレベルは2までとなっています。 0~5までのレベルで2というと、意外と進んでいるねと思うかもしれませんが、実はここまでは運転のアシストであって3以降が自動と呼ばれる領域になるのです。

レベルが5迄なので進んでいるように見えるだけで、まだスタートラインにさえ立っていないのです。 アウディがレベル3搭載車両を市販するようなので、やっと自動化に踏み込もうとしているにすぎない準備段階だったりするのです。

日産・プロパイロット、スバル・アイサイト ツーリングセレクトはレベル2

国内メーカーでは自動運転に関して進んでいると言われる日産とスバルでもまだレベル2なのが現状です。 その他のメーカーの物に関してはほぼレベル1相当の技術なのです。

ただそれでも、高速道路限定としているので完全なるレベル2を満たしている技術なのかというと疑問を持たざるを得ませんね。

良い方から言うとレベル2を獲得している技術を最低限クリアしている、悪い言い方だとレベル2と呼べるところをクリアしているだけという事になります。

実際にはスタートラインに立とうとしているにすぎない、ゴールさえ見えていない技術なのです。

クルマとしては現状でも自動運転には対応可能?

クルマとしては電子化が進んでいる最新の自動車は対応が可能と言われています。 すでに先進技術が投入されていて体験している方もいらっしゃるでしょうが、アクセル・ブレーキ・ハンドル等運転において必要な操作はすでに自動で動かす事が可能となっています。

しかし今のままではONかOFFかしかしないでいいのならば、それこそ簡単なようです。 しかしそれでは乗り心地も何もあったものではないので、ほとんどの方が乗りたいと思わないでしょう。

普段私達がなにげなくやっているじわっとブレーキを踏んだり、といった微妙なものなどは学習も必要な操作テクニックとなるのでやはりAIの登場を待つしかないようです。 プロドライバーの運転から学ばせる事で進化をさせる必要性があるのでしょう。 ただ学んでしまえば人と違いデータでの複製になるだけですから普及はあっという間でしょう。

あと現状難しいとされているのが、天候が変わった時の運転でしょう。 雨や雪そして風これに対抗するにはやはり学習とタイヤそのものもどう対応策を練るのか今一度考える必要があるでしょう。

スポンサーリンク

車載できるカメラやセンサーだけでは限界がある

クルマに360度認識できるようにセンサーやカメラを搭載しても、実際に走行するといろいろなハプニングがあったりしますので、それだけでは足りないだろう言われています。

例えば歩行者が横断歩道を渡るのかそうでないかをどう判別するのかとか、信号が変わるぎりぎりでカメラの死角から飛び出してきたらとか、実証実験も盛んになった事により、課題も指摘される事になっています。

車同士は相互通信でこの問題はクリアできるとして、対人や動物ではどうするのか? 意外とクリアできていない問題も多いのです。

そんなかフォルクスワーゲンが発表した「V2X」と呼ばれる技術がそのヒントになりそうなので、ちょっと紹介したいと思います。

信号機にセンサーを取り付け情報を車両に通信する事でより正確で一歩先の情報を得られる

信号機にセンサーを取り付ける事で、歩行者や自転車等の有無を自動で通信するのが簡単に言うと仕組みです。 現段階では警告という形でドライバーに知らせるものですが、これを利用すればちょっと先の交通状況が見える事で「たられば」モードとかで事故発生を防ぐ技術へと進む可能性も見えてきます。

既存の道路網を利用するならば、間違いなくこうした道路側にもカメラやセンサーというものを設置して、補助の目として使う事が大切になるのではないかと感じます。 たくさんの情報が安全につながるので、インフラ面で補う必要性を感じます。 もしくは衛星ですかね。

こうした情報をどう処理するのかというのも含めてになるのですが、やはり自動車側だけでは限界はあると感じます。 道路側につける事で俯瞰で見えるというのもありますし、同じ見ていると言っても高さや角度の違いも合わせる事が出来れば落下物にも対応できますし、より高度なものになるのではないでしょうか?

防犯の効果も出るでしょうし、いくつかのメリットもあるように感じるので私はインフラ面でのバックアップというのが必要不可欠だと思っています。

まぁできれば電車のホームドアみたいなので制限してしまうのが一番いいのでしょうがね。 将来的には自動運転車の道路規格みたいなのが出来て、それに合わせて都市計画そのものを作り替えるのがいいのだろうとは思うのですがね。

中国ではまるごとそんな未来型を都市を作って住みながら実証実験が始まっているそうなので、現状の狭い日本のような道路事情よりは大きな成果が出るのではないかと、期待しています。

現状はAIもまだ限定しないと市販できないレベルではあるのですが、社会での実証実験が世界中で行われていますので、思っているのよりは早い速度で進化はするのでしょうね。

速く運転から卒業したい私にとっては、とても関心が高い自動運転ですが少なくても東京オリンピックまでは間に合う事はなさそうなので、ちょっとがっかりな現状と課題がまだ山のようにあるのを実感した記事となりました。


コメント