鉄道の自動運転の試験が開始、自動車も本格化か?

自動車

山手線の営業が終わった後の時間を使い、自動運転プログラムを搭載した列車を使った自動運転の試験が行われました。

通常運転と遅延が出ている状態からそれを通常に回復させる目的を持った自動運転の2つのパターンが試験されたそうです。

通常の営業運転に近い形を試したという事でしょうね。 自動運転になろうと遅延がでたりちょっと早くなったりとするのはあるのでしょうから、通常じゃないパターンも試せたことは最初のテストとしては上出来だったのではないでしょうか?

電車が先に完成しなければ自動車の自動運転なんてできっこない

ルートが決まっていて線路も隔離されているというのは、自動車が走る道路とは違い条件が少ないのでこちらが出来なければ逆に自動車なんかは完成されないのです。

道路を利用するのは自動車だけでなく、バイク・自転車・歩行者等が同時に利用しています。 そして拡張という意味では両者あるわけですが、工事など利用できない場合がありますが、電車であれば鉄道会社のみなわけですが、道路となるとインフラ整備も同時にありますので、道路補修だけではないいろんな業者や自治体などが関わるのでこうしたものの地図上への登録や情報更新など何社も関わるので今のところエラーがでそうな項目が多々あるわけです。

ですので隔離された専用の場所を走れるというだけで、随分と敷居が下がるのです。 そして走らせるのは鉄道会社の運転士だけですから、個人や事業用などいろんな方が利用する道路とは違いドライバー(運転士)のレベルも全く異なる状況下にあるのです。

企業ですから有無を言わさずに全てを自動化できるというのも、大きな利点ですよね。 自動車だときっと運転したいという人も残るでしょうから、逆に読めない人間が運転する車への対策もしないといけないわけですからね。

自動化は24時間営業を当たり前にするのかも

自動化により省人化や利用するユーザーの利便性を大きく発展させるなど、少子高齢化の日本にとって切望される技術です。

しかし自動化により大きく変わりそうなのが、今は働き方改革などもあり24時間365日営業するというのは変わろうとしています。

労働者確保の難しさも有り、変わっているわけですが。 これも自動化により年中無休で動かす事が少人数で可能となります。

工場での生産・工場から店舗への運搬・陳列から会計。 そのほとんど自動化が可能とされています。 今は逆にこのほとんどが人の手だから、問題なのであってそうでなくなると逆に利用者が少なくても店舗側には開店していた方がメリット出てくるのです。

利便性が利便性を生むというべきでしょうかね。

スポンサーリンク

利便性を究極に高めるのが自動化と言ってもいいのかも

まさに所有から利用へと世界が変わり始めていて、カーシェアリングが将来の私達自動車ユーザーの使い方の形になるのではないでしょうか?

クルマを所有する必要はなく使いたい時だけ呼ぶ、カーシェアリングの利便性とタクシーを足していいとこどりしたのが将来の自動車と私達の関係に近く感じます。 今はそこにドライバーなどが必要だら融合できないだけなのかと思います。

通勤に使っている方も例え1時間以上使用して通勤していても仕事中は使わないわけですからね。 自動車を使って商売をしている方以外は所有する意味がなくなってしまいます。 ほとんどの方が1日のほぼ全てを駐車場に止めているだけなのですから。

自動化やIT化が進化していくと、しばらくの間は職種は減少するのかも

自動化のメリットを考えていくと、いくつかの仕事は効率化され合わさる事で更なる利便性が生まれるので統合して1つの仕事となるのではないでしょうか?

レンタカー・カーシェアリング・タクシーなんかはその典型で、自動運転やITそして自動化により1つになる事でしょう。 自動運転の自動車があればこれらをすべて1台でこなせるというべきなのかもしれません。

自動化という意味ではすでにレンタカーが利便性の高いカーシェアリングのような形態も模索する動きが出ています。 24時間営業を止めてセルフへと切り替えているようなのです。

という事は言ってはいないものの、カーシェアリングと一緒になるわけです。 余計な手続きはネットやスマホでもできますしね。 ですのでこれからますますレンタカーとカーシェアリングというのは境目が無くなるのではないでしょうか?

随分と脱線してしまいましたが、自動化によりもたらされるメリットというのは計り知れないほど大きなものとなる事でしょう。 しかし当然ながら自動化されるという事は、職を奪われる方もいらっしゃるのは100%確実なわけです。

それこそ本当に自動化できないITではカバーしきれない、ごく限られたこと以外は免れる事は誰にもできないでしょう。

ほとんどの方が複数回も転職が必要になるという世界は本当なのでしょう。 これかから加速度的に自動化が進みますから、機会に奪われたり統合して自動化が進んだりとするのは当然となる事でしょうからね。

今回のテストもおおむね成功のようですが、まだ今すぐに切り替えるという事は出来ないでしょう。 しかしこうした事を繰り返し営業時間内でも運転士をつけてテストする事になった場合は本格的な自動化の時代はスタンダードとなっている事でしょう。

スーパーでも支払いだけ自動というレジも出ていますので、少しづつではあってもじわりじわりと自動化が当然の時代が目前に迫ってきているのは確実です。

スキルを上げるのか別の道に進むのか、人それぞれあると思いますが、そういう時代が来るというのを頭に入れ準備を始めるのが良いのではないでしょうか。

楽しみではありますが、自動化の未来は楽しさ半分不安も半分今はそんな心境です。

スポンサーリンク

コメント