雪が降る前にスタッドレスタイヤへ交換をしましょう

自動車メンテナンス

秋もそこそこで冬へと一気に向かう、年々春と秋という季節を感じる時間が少なくなっているように感じますね。

今年は暖冬という事で降らないのかと思いきや、その反動なのかいきなりドカッと降る季節が夏ならばゲリラ豪雨のような天候になっています。

雪が積もる地域ではなくても、そろそろ冬の支度は済ませておくようにしてくださいね。 季節は確実に冬ですから、いつ雪が降ってもおかしくないですからね。

冬用タイヤへのベストな交換のタイミングは?

ということで、マイカーをお持ちの方は冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)への交換はお済でしょうか?

気温は十分冷え込んでおり、天候が崩れれば平野部でも十分雪が降る状態にすでになっています。 朝晩の冷え込みでガラスが凍結しているなんてのも、もうすでに起きていますからね。

夏タイヤの様に快適には走れない事もあり、ぎりぎりまで冬用タイヤへの交換を引き延ばしている方もいらっしゃるでしょうが、降ってからでは遅いですからなるべく早めの交換をお勧めします。

では、冬用タイヤへのベストな交換時期はあるのか?

地域にもよりますが、雪が降る前です!

そりゃそうだ・・・・。と言われてしまいますが、そうとしか言いようがないのです。

しいて言えば北海道など積雪のある地域から順々に南下していくというところでしょうか?

関東ならば関東に近い山間部で雪のニュースがでたら、即交換です!

住む地域の北側のより寒い地域での積雪の話がでたら交換をするのが最低限という事でしょうか? 趣味や仕事で山間部に行くようならばより早いタイミングで。

雪が降ってからでは既に遅い

一番最悪なタイミングは雪が降ってからです。 さすがにお尻に火がつけばというところでしょうが、これでは既に遅いですし、事故を誘発する可能性もあるのでこうなったら自動車に乗る事さえも控えるべきでしょう。

積もってしまっては、ノーマルタイヤでは制御が効きませんので諦めましょう。 4WDならば進むことは出来るかもしれませんが、止まるに関しては4WDも2WDも関係はありません。 ですのでムリをしてはいけません。

準備をしないまま雪が降ってしまった場合は、諦めましょう。 公共交通機関を使ったり休むという選択をするのが逆に迷惑をかけない事につながる結果にもなります。

特に積雪時の走行になれていない方にとっては、冬用タイヤであっても怖いですからね。 無理をしないというのが鉄則でしょう。

スポンサーリンク

不要不急ならば休むというのも必要

積雪になれていない都市部ではちょっと積もっただけでも、交通網は乱れてしまいます。 公共交通機関もそれは一緒で安全を第一にしていますから、運休も早く決断する傾向になっています。

ですので公共交通機関の運用が怪しいとなってくると、業務免除(公休)とする企業も増えてきています。 ですのであまりに積もってしまった場合は、お休みというのがベストでしょう。

働き過ぎと言われる日本人ですから、こんな時は休んでも良いのではないでしょうか?

急がば回れといいますから、慎重な選択をした方が結果良かったという事になる可能性が高いですからね。

事前の準備が大切という事

雪が降るのはこちらの都合に合わせてはくれません。 朝は大丈夫だったけど帰宅時にはすでになんてこともあるでしょう。

ですので、雪が降る前に交換を済ませる、事前にすませる事が大切なのです。

制御できる事では自然はありませんので、事前の準備が大切です。

天気予報の精度は高いですから、ある程度は地域でタイミングは分かると思います。 混む事も予想されますのでディーラーや修理工場も事前予約は忘れずにすませましょう。

事前にすませる事で心の準備も出来ますので、とにもかくにも早いぐらいでいいのではないでしょうか?

残りのみぞ・空気圧も合わせてチェックをしてくださいね。 適正な状態でないと効果を発揮できませんから。

コメント