高級車はポルシェ 普通車は日産 軽自動車も日産 EVの普及は2社が中心に進むのか?

自動車

世界的にEVへと自動車の主流が変わろうとしています。 世界の自動車メーカーが急ぎラインナップにEVを追加して、2019年が多くのメーカーのEV車が市場に投入されようとしています。

そんな中、世界的なスポーツカーメーカー「ポルシェ」が2019年後半に「タイカン」を発売する予定になっています。 すでに予約が出来るようで、アメリカでは1万台以上の予約が入っているようです。

タイカンは4ドア高級スポーツなので、テスラと真っ向勝負か?

ポルシェから発売されるタイカンは4ドアの高級スポーツとして世に出るそうで、先行するアメリカのテスラとガチ勝負となりそうです。

プレミアムと言ってもテスラはスポーツではないので、土俵は違うように思うのですが。 とは言え値段そしてボディ形状からすると比較対象になるのはテスラになるでしょう。

ここまでテスラにはライバルはいなく独壇場でした。 カリスマ経営者イーロン・マスク氏に率いられ先進的な取り組みも次々に取り入れられ、すでにテスラ曰く完全自動運転のプログラムも配信予定なんだそうです。

そもそも法整備が追い付いていないので、手放し運転はNGですし何より自動運転の定義上でのレベル5の完全自動運転ではないようです。 レベル2~3といったところでしょうか。

こうした新技術の投入など先進的な取り組みも有り、注目度バツグンなのですが、自動車作りでは別格のポルシェが本気で取り組み作ったタイカンの登場はプレミアム市場での台風の目のような存在になるのではないでしょうか?

タイカンは4ドアとはいえ500馬力のモーターで、最高速度が250km/hをたたき出すポルシェの名に恥じないモンスターEVとなる予想なんだそうですから、環境意識の高い方だけでなく多くのセレブをも魅了する事でしょう。

 

スポンサーリンク

普通車はリーフ? そして日本での台風の目は軽自動車のEV

日産は次世代はEVという事で世界に先駆けて量産車リーフを世に出していました。 ここまでは思惑通りにいかず苦しみましたが、それでも日産の割に我慢強く販売を続け第2世代にまで進化させ、膨大なデータと経験を積んだのは大きなアドバンテージとなる事でしょう。

技術的な事はある程度すぐに追いつかれるでしょうが、その認知度と実績は当然ながらそう簡単に追いつけるものではありません。

ただこのクラスは世界的にも一番のボリュームゾーンですから、これから世界中の自動車メーカーが投入してきますので、先行者のメリットを生かしどれだけ優位にいられるのか?が勝負になる事でしょう。

そしてベンチマークとして使われる事でしょうから、それにより大きな宣伝効果も生まれる事でしょうから、少なくともしばらくの間は日産・リーフを中心にこのクラスは争いが始まる事でしょう。

そして日産は軽自動車デイズでのEVも模索しているようですので、日本ではジャストサイズで価格も手頃な軽自動車でのEV投入が実現すれば、日産V字回復の原動力ともなる程の力を秘めているのではないでしょうか?

普段移動の足として多くのユーザーに使わるる軽自動車にEVが設定される意味はとても大きなものになると私は思っています。

ノートやセレナがそうであったように、日産のイメージに関わらずに欲しいと思わせるクルマになるのではないかと思っています。

とうとうEVが車種検討の対象となる始まりの年となるか?

もしデイズのEVが販売されると乗用車はプレミアムから軽自動車までいろんなクラスで比較できる程充実する始まりの年となりそうです。

乗り味というのは今までの様にエンジンの形状(ロータリーエンジン・ボクサーエンジン・直列・V型など)により特性が大きく違うという事はなく、個性が無くなると言われています。

どうパワーを出すか等はプログラムで変わってくるのですが、今までの内燃機関とは大きく異なるわけです。

なので比較検討と言っても、好き嫌いとかでしばらく判断する時代になってしまうのかもしれません。 個性を失うというのは今まで作り上げてきたいろんなものが意味をなさなくなってしまうので、ある意味自動車メーカーにとっては戦々恐々なものでもあるという事ですね。

ライバルは今までの自動車メーカーだけではないですからね。 EVは自社で全てを作らなくても出来上がってしまいますので、また自動車メーカー乱立の時代が着てもおかしくないとされていますのでね。

王者トヨタであっても安泰ではないので、販売戦略は未知の部分が多いので失敗は許されない状態でしょう。 今回ばかりは得意の後出しで出していたのでは、優位性は出せないでしょうからね。

EVを選ぶ時代になった時、何が決め手となって購入に至るのでしょう。 価格それとも装備品?それともスタイルでしょうか?

判断基準が多くはない新しい事なだけに、予想もつきませんね。 性能は似たり寄ったりでしょうから最後はコスパなのかもしれません。 1つ言えるのはEVの到来は自動車の持つ大きな個性が1つ失われるというのは間違いなさそうです。

コメント