2018年日本で最も売れたミニバンは日産・セレナ

登録車

かつては日本中にあふれていたミニバンも一時のブームと共に去り、随分と少なくなりました。 しかし多人数での移動でもストレスを感じない室内空間やアウトドアライフや旅行などその使い勝手の良さで根強い人気のあるカテゴリーの1つです。

今回はそんなミニバンの中で2018年国内で最も売れた(人気のある)日産・セレナを紹介したいと思います。

強力なライバルがひしめくクラスですが、2018年度は99,865台が販売されてミニバン№1を獲得しました。

ちなみに登録車では全体でも4位となり、プリウスに次ぐ販売台数を誇っています。 ちなみに1位はノートそして2位はアクアですから、トヨタの誇るハイブリット車に次ぐ販売台数と考えるとセレナの人気が高い事が分かる結果かなと思います。

e-powerだけではないセレナの魅力

使い勝手と共にセレナ人気を支えているのがe-powerです。 今までの日常と変わらないでモーターで走るというEVの魅力を気軽に味わえるとあって、迎えるEV時代を意識せざるをえない自動車という存在の未来も見たそして現実的な選択というのもあって大きな魅力となっています。

HVも高速は苦手と言われていますが、それ以上に不得手なのがe-powerなのです。 しかし市街地ではHVも得意としているのですが、さらに得意なのがe-powerなのです。

なのでこの辺りをどう判断が下されるのかとも思ったのですが、そこまでの影響はないようですね。 それよりも使用状況の多くの時間を使う市街地の得意さの方が良いというのもあるのでしょう。

またHVと違いe-powerはバッテリーも今のところ1つなので、エンジン車との価格差が大きくないのも魅力の1つですね。 いくら燃費が良かったとしても、実際にガソリン価格でその差を簡単に埋めることは不可能ですからね。

そしてセレナ人気を高めているのが、プロパイロット搭載です。 自動運転技術としてはレベル2にあたるのですが、このクルマの特徴からもロングドライブが多い使い方をしたいという需要は大きいでしょうからプロパイロットの搭載は大きな魅力となっているのでしょう。

自動運転ではなく運転者支援システムと言うべき技術なのですが、なんにしてもドライバーを支援してくれるという心強いシステムである事には変わりませんから、喜ばれているのでしょう。

少しでも気持ちに余裕が出来るというのはドライバー心理としてはずいぶん違いますよね? タダのクルーズコントロールでも随分と楽に感じるのですからね。

熟成が進むセレナ 高性能を追求するのではなく使いやすさを追求したクルマ作りがgood!


【特選車】新車 日産 セレナ 1200cc 2WD CVT e-POWER XV ★地デジナビ/ETC/フロアマット★  5年間の延長保証付き 特別色は別途費用

先進技術と魅力的なエンジンを手に入れてはいますが、それで運動性能等が向上したわけでは当然ありません。

逆に高速走行ではエンジン車に劣ると感じる部分がある程だと思います。

セレナの魅力はそれだけではなく充実した装備の内容にあると思います。 ユーザーにとって使い勝手や使いやすさそんな事を中心にした充実度が増し総合力が高い1台に仕上がっています。
最近の日産車に多い総合力の高いクルマ作りがされています。

お子様が小さいご家族や買い物を意識して、両手がふさがっていてもスライドドアの開閉がキック動作で可能となるハンズフリーオートスライドドアが採用されています。

そしてバックドアもガラス部分だけが開閉するデュアルバックドアの採用で、バックドアからの出し入れも気楽に出来る事で使い方の可能性も飛躍的に高められています。

昔はガラスハッチと呼ばれていてしばらく姿を消していたシステムです。 システムというか装備ですかね。

またガソリン給油口もキャップレスを日産で初採用しています。 

給油口のふたを開けて給油ノズルをキャップに差し込む事で給油が可能です。 

細かい部分もありますがドライバーの負担を減らす技術は細かい部分まで及んでいます。 こうした1つ1つの事がセレナのミニバンとしての熟成を高めている事も選ばれる理由となっている事でしょう。

ライバルのヴォクシーよりも熟成度が高いセレナがオススメ!

e-powerそしてプロパイロットと最先端技術と先進安全装備の充実度は高いのも大きな魅力ですが、細かいところまで充実度が増した総合力が高いのが日産・セレナです。

ライバルとしてトヨタのヴォクシーが上がりますが、より未来の自動車を感じられるのがセレナだと思います。 なのでもし迷っているのならば総合力が高いセレナがオススメですよ!

コメント