2019年自動車世界販売を制したのはフォルクスワーゲン

自動車

国内外の自動車メーカーの販売台数等の実績が出そろってきました。

フォルクスワーゲン・トヨタは台数の減少予想が出されていました、そして日産は年末に世間を騒がせて終わるなど社内の問題山積みで聞かなくても良いことは無い状態でしたので順位は大きく変わるのではと思っていたのですが・・・。

まぁとにかく順位の方を見てもらおうと思います。

2019年自動車世界販売トップ3はこちら

1位   フォルクスワーゲングループ  1097万台
2位   トヨタグループ        1074万台
3位   ルノー・日産・三菱3社連合  1015万台

過去最高の台数で4年連続1位を獲得したフォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン(VW)の2019年の自動車販売台数が、1097万台となりました。

これは前年比でいうと1.3%増となり、過去最高の台数となる記録となります。
当初予想よりは各地域で持ち直したことが貢献したようです。

特にVWにとって大きな影響を持つまでになった中国での販売を折からの影響でマイナス予想であったところが、わずかながらプラスに着地した事が大きかったようです。

ヨーロッパでも販売を伸ばすなど、全体としても当初予定に近い数字となったことで過去最高を記録するまで数字が伸びた要因となるようです。

日本でも随分と時間がかかりましたが、だいぶ販売台数は持ち直していますので、再びの成長期に戻せたと言ってもよいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

トヨタも過去最高の台数を記録するも2位どまり

トヨタも前年比1.4%増の1074万台となりました。

VWも前年比プラスとなっていた事も有り、過去最高の台数であっても2位にとどまってしまいました。
しかし日産連合には大きく差をつけた事で、当面のライバルはVWのみとなりました。

でもトヨタはすでに数を追わないと言っているので、2位だった事も取り立ててコメントすらも出ないのでしょうけどね・・・。

しかしアメリカと中国という、2大国による経済戦争のあおりを受けて世界各地で経済の停滞を記録していますので、その影響を最小限に抑えられる体制が出来ているというのは改めてこの2社のすごさを感じる機会となりました。

そして思うのはこの2社の思い描く未来の予想と戦略はかなり近いものなのかなと。
小型車のラインナップを増やしていたりと現在でも近いタイミングでやっていますので。

一人負けの日産3社連合

日産3社連合の2019年の販売台数は1015万台となりました。

これは前年比では5.6%減となる数字となります。
トップ3の中では唯一のマイナスとなった事で、2社に対して大きく数字を落とす事になってしまいました。

トヨタに対しても59万台もの差がついてしまいましたので、簡単には追いつけそうにない状況になったと言えるでしょう。
1000万台に近づいたことで3位の座をも守り切れるのかも怪しくなるかもしれません。

ルノー・日産・三菱による関係修復もやっと本格的に動きそうになるなど、この連合自体の根幹も揺れる事態の解消とまでも言ってませんし、ゴーン氏の動き次第ではネガティブなイメージがいつまでたってもぬぐい切れない事にもなりそうですしね。

負の感情を払しょくするのはVWを見ても時間がかかるのは分かっていますので、再びの成長ステージに乗せるまでは時間と代償を払わなければいけなくなりそうです。

魅力が無くなっているラインナップの見直しもあったりもしますので、内外の事を1つづつクリアしながらとなるわけですから大変な道のりになりそうです。

スポンサーリンク

コメント