2020年4月 新車販売総合ランキング  日産は無し フィットがカムバック

自動車

例年4月は決算月の3月の影響で伸び悩みますが、今年はコロナの影響で自動車メーカーは生産をストップせざるを得ない状況もあってよりおかしな結果となっています。

生産能力と余剰在庫の関係で販売台数に差がついたと考えるべきでしょう。 まぁ今月の結果はあまり重要ではないのでさらっといきましょう。

2020年4月 新車販売台数総合ランキング

1位[1位]:ホンダN-BOX 1万4034台(27.6%減・4か月連続減)
2位[7位]:トヨタ・ヤリス 1万0119台(36.1%増※)
3位[5位]:ホンダ・フィット 8977台(32.5%増・3か月連続増)
4位[2位]:ダイハツ・タント 8295台(28.7%減・5か月連続減)
5位[11位]:トヨタ・シエンタ 6982台(0.2%減・5か月連続減)
6位[6位]:ダイハツ・ムーヴ 6877台(31.5%減・7か月連続減)
7位[3位]:トヨタ・カローラ 6679台(8.9%減・8か月ぶり減)
8位[4位]:スズキ・スペーシア 6426台(55.8%減・4か月連続減)
9位[17位]:ホンダ・フリード 6030台(4.3%減・3か月連続減)
10位[24位]:トヨタ・アルファード 5739台(1.4%減・2か月ぶり減)

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会の調べ

フィットが3位でも2位にはヤリスが

同時期に出たコンパクトカーのフィットとヤリスですが、この時期ながらトヨタ・ヤリスの勝ちとなっています。

たかが1000台、されど1000台です。

日本だけではなく世界でも一番ホットなコンパクトカーですから、両社の屋台骨を支えるこの2台の争いは今後も熾烈になりそうですね。

トヨタはアクアをどうするのかは分かりませんが、アクアもあってのヤリスの販売台数もあるのですから本当にすごい人気だなと感じますね。

それに比べるとフィットはここで勝てないと厳しいでしょうね。 バックオーダーがあってあまり待たさないのを維持しながら更に本来はバックオーダーの台数が伸びなければいけないのですからね。

やはりフィットとヤリスというライバル関係にしとかないと、どんどん興味が薄れていきますからね。

スポンサーリンク

日産・ノートは後出しでうまくいくのか?

正確にはアクアの動向も分からないので今後の動向は読みにくいのですが。

ここはあえてこの2台に日産は挑むべきだったと思っています。
とにかく販売前からヤリスには注目が集まってましたし、販売をフィットにぶつけてきましたしね。

正確にいうとフィットはブレーキトラブルがなければ、昨年販売予定だったのですが。

こうなると自動車系メディアからは特集されますから、事細かく比較してくれるわけです。

客観的に数字も含めて比較してくれますから、第3者の目ということで、ユーザー側も中立に近く見れますから良い機会にはなると思うのです。

真っ向勝負できるクルマを作らないと、どっちにしたって勝てないのですから。

ただこのゴタゴタしている日産の状況からしたら難しいのでしょうがね。
内外ともに最悪に近い状況ですからね・・・。

日産はベスト10から消滅したが、全体の大きな流れは変わらない

デイズ・ルークスは三菱の水島工場で作られているのですが、確か早いタイミングで生産は停止していたように思います。

そしてこの2台は日産にとっては国内で売れる数少ないクルマにもなっていますので、好きで生産を止めているわけではありません。

そしてここまで順調に販売台数は確保していたので、余剰分は無かったのでしょう。

その分早くランキングから姿を消したというところでしょう。 

ここまで強かった軽自動車が厳しい台数になったのは、先程も言ったように順調で余剰分が無かった事からだと思います。

なのでコロナであろうが軽自動車へのシフトは変わらないです。

ただ最近政府は軽自動車と登録車の差を少しずつなくそうとしています。 売れると企業努力も無視してやるやつですね。

なので前ほど有利ではなくなってきています。 なのでコンパクトカー以下への流れとなるのではないでしょうか?

いきなり軽自動車というのは抵抗あるって方もいらっしゃいますからね。

世界的に経済も止まるし亡くなられた方も多かったので、流石にここまでの事が起こるといろんな常識が変わる事でしょう。

特に仕事に関しては広範囲で変わりそうですよね。

ハンコを要らなくする。
例えばこれでなかなか進まなかったペーパーレス化が加速します。

ペーパーレス化が進めばとまた考えると結構広範囲に変わっていくんだなと想像できますよね?

今まで無駄だなと思っても進まなかった事も効率化していくことでしょうから、楽しみであり恐ろしいなと思うところです。

スポンサーリンク

コメント