2020年4月から自賠責保険が値下げ しかし任意保険は・・・

自動車保険

自動車そして2輪車に加入が義務付けられている自賠責保険(強制保険とも呼ばれる)の保険料が見直される事になりました。

金融庁で行われた審議会において、2020年4月から値下げされた保険料が適用になるそうです。

何かと維持費が高く経済的に厳しい状況が続いているだけに、こうした固定費が下がるというのは助かりますね。

車種・地域を問わず自賠責保険料は約16.4%の値下げになる

           現在        値下げ後

自家用乗用車   25.830円     21.550円

軽自動車     25.070円     21.140円

乗用車で約4.000円安くなる

全ての車種という事なので、今回は記載していませんが貨物車(トラックなどの業務で使用するクルマ)や2輪車全てに約16%の値下げが適用されます。

運送会社や業務でがず多くの自動車を所有・運用している事業者様にとっても朗報とも言える事でしょう。
これから永続的な適用ですから経営努力ではどうにもならない領域まで来ている企業にとって、経営面で少しの余裕が出来ればやれる選択肢も増えるでしょうから、少しは好転するといいですね。

さて今回の値下げが適用されると一般ユーザーで恩恵を受ける金額は約4.000円となります。 2年で4.000円ですので、大きいとは言えませんが値下げに関して動きが鈍い国の機関ですから、喜ばしい事ではあると思います。

ガソリン代も高値のままですし、消費増税もしていて月々の支払いも増えていますので、多少は補填となるのかなという程度ですがね・・・・。

スポンサーリンク

なぜ自賠責保険料は値下げされた?

交通事故件数の減少により保険料の見直しが提案されたそうです。

昨今高齢者による事故が毎日の様にメディアで取り上げられているのでそんな気はしないという方もいらっしゃるでしょうが、実は事故件数は近年減少し続けています。

減少へと転じた契機となっているのが、自動ブレーキの搭載が標準装備化が進んだ結果にあります。

事故と言ってもメディアに取り上げられるようなものよりも、実際には軽微な損傷のものがほとんどなのです。

渋滞中のノロノロ運転時にぶつかってしまったりなど低速度で起きているものの方が多いのです。

自動ブレーキも浸透した事で皆さんも万能ではない事は知っていると思いますが、低速域に関してはほとんどが対応しているのです。
そして複雑な状況ではないので自動ブレーキがきちんと作動しているケースが多いという事を意味しているのです。

何かと自動車の価格も高騰していて負担感はありますが、値上げされた分の多くはこうした先進装備に関するコスト増なのです。

なので負担は増えますが、安心安全が得られるだけでなく、更に普及率が上がり先進装備も更に発展していけば、保険料自体は下がっていく事になりますので、より新しいクルマへと乗り換えるというのは現代社会にとっても、大きな貢献にも繋がっているのです。

任意保険は1月から約3%値上げしてるので負担感は消えず

消費税がかからないにもかかわらずなぜだか3%と増税分よりも値上げされているのが、任意保険料なのです。

要は価格転嫁されたというのもあるのです。それだけではなく他にもあるのですが。
保険料は消費税は掛かりませんが、保険を使い修理された修理代と部品には消費税がかかります。そうこの分が要因の1つです。

そして最近のパーツは高額になっています。 ヘッドライトはLEDのものが増えてきたり、センサーやカメラなどもいろんな所につくようになりました。

今までにない装備がついたという事でさらにそれを制御するパーツがあったりで、なにかと高額になっているのです。

また昔と違って単品で部品交換が出来なくなってきているのもあります。いわゆるモジュール化の影響ってやつです。
なのでこれがもう1つの要因です。

そして最後に人身事故の保険金額を算出する際に使われる法定利率が変更されて、今後支払われる保険金が高くなるそうです。

なのでこの3つをもって任意保険は値上げとなるそうです。

自動車税の減税と自賠責保険料の値下げがあってもなかなか負担感の解消にもならない

自動車税は減税幅が一律ではなくしかも軽自動車は変わらずだった事も有り、多くの方にとっては負担感は消えないでしょう。

自動車税が1年に1度。自賠責は車検と同じタイミングですから2~3年に1度と頻度があまりにも少ない事で、得した事の記憶はあまり残らないのです。

ガソリン代の約半分が税金となっていますから、こちらがある程度の大きい数字で減少してくれないと感じないでしょうね。

昔よりは安くはなってきましたが、収入が増えないなかですから負担感の解消には程遠いそんな感じでしょうね。

誰かが助けてくれるわけではありませんので今の自分の生活に合わせて支出の見直しを進め、賢く生きる術を見つけていかなければいけない時代なんだという事なのでしょうね。

コメント