BMW タオル

タオル

ドイツの自動車そして2輪メーカー「BMW」のタオルの紹介になります。

BMWユーザー・ファンの皆さん必見です!

ドライビングフィールを追求する数少ないFRメインの自動車メーカー BMW

国産も一昔前まではFRが幅を利かせていましたが、今ではFR車を探す方が苦労する程希少な存在となっています。

なのでエンジンは縦置き配置される事でボンネットは長い車となっています。 
そこにはシルキーシックスと言われている直6エンジンが収まっているのです。

今ではFF車が主流となっていてボンネットも小さく、ボンネットの位置も低いモデルが多いことで似たり寄ったりの車が多くなるわけですが、FRにこだわったおかげでロングノーズが走行性能だけでなくスタイルまで個性となっているのです。

今回はそんなこだわりの自動車メーカー「BMW」のタオルの紹介になります。

楽天で販売している「BMW」のタオル


BMW純正 Mコレクション M タオル(ブラック)


BMW純正 GOLFSPORT ゴルフ・タオル


BMW純正 GOLFSPORT COLLECTION ゴルフ・タオル(ネイビー・ ブルー)


【 BMW 純正 クーポン対象 】BMW Golfsport ゴルフ タオル ゴルフバック カラビナ フック付き ロゴ コットン100% 【 メール便 全国 送料無料 】


【 BMW 純正 クーポン対象 】 BMW Golfsport ゴルフ ギフト セット ケース タオル ティー ボール バッグ ポーチ ロゴ


【 BMW 純正 クーポン対象 】 タオル ブルー Active Sport Collection

BMWもFF車を販売する時代

運転性能・操作性においてFRは素人でも扱いやすいクルマになります。
しかしエンジンはフロントで駆動は後ろなので、その間を動力を伝えるプロペラシャフトという部品が必要なのですが、これのせいでフロアのセンター部分が盛り上がる構造になってしまい居住性は損なわれます。

また地上高もある程度確保しないといけない為、制約があるなどデメリットも存在しています。
ミニバンが乗りやすい低床ですが、これはFF車だからできる構造なのです。
日々の技術革新がデメリットを消し、メリットを最大限いかせる新時代の幕開けとなったのです。

これは居住空間だけでなくボディにも大きな効果があり、より低い位置からボディが立ち上がるデザインを採用できる事に繋がり、空力においても大きな効果を生んでいます。

そのせいもあり空力を重視するとデザインが似てしまうというデメリットが発生してしまうのです。
研究が進めば答えはアプローチによる違いだけになりますから、デザインの処理は個性を失うのでしょう。

意味のないラインとか形状が無いのはその為です。
時として無駄が個性になるので無駄をそぎ落とされてしまうと・・・・。

さてそんなBMWもFF車を近年は販売させています。
時と共に求められるものが変わってきますので、変えられるもの受け入れられるものは取り入れないと量産車メーカーとしては歴史を紡げないですからね。

そのあたりは受け入れられる車種で販売したという事です。
小さい規模ならばかたくなに守ってもいいのでしょうが、そうではないですからね。

しかしモーターの登場で、FRとかFFとかでメリットデメリットがでなくなる時代が始まろうとしています。

エンジンを発電用なら横置きでもFRもあるので、また新たな組み合わせが出るのかもしれません。
とはいえその後は内燃機関ではなくなるので、より簡単な構造のものへと大きな流れは進んでいくのでしょう。

コメント