BMW M 傘 折り畳み傘 アンブレラ

ドイツの自動車メーカー「BMW」の傘(アンブレラ)の紹介です。
BMWオーナーそしてBMWファンの皆様必見です!

こだわりの自動車メーカー BMW

営利企業は長年こだわりを持った製品を作り続けるというのは難しいものです。
新技術や素材そして環境、その時々で起こる変化に対応して製品づくりをしないとニーズに合わなくなってしまいますので、続けたくても困難な道です。

ましてや誕生以来の大変革期を迎えている自動車に至っては、全てにおいて常識が変わっていってますのでより難しくなっています。

BMWは量産車メーカーでありながら強いこだわりを持つ数少ない自動車メーカーです。
BMWがこだわっているのは直6エンジンです。 スペースや静粛性などから多くのメーカーがV型エンジンなどへ主流を移す中BMWは直6にこだわっています。

その結果「シルキーシックス」と呼ばれるぐらい洗練されたエンジンへと昇華しています。 BMW象徴の1つと言われるぐらいですよね?

そして左右対称に大きな開口部をもつ「キドニーグリル」と統一デザインも、特徴です。
こだわりと唯一無二の個性 これがBMWを長年魅力あるクルマであり続けている重要な事なのです。

今回はそんな世界中に多くのファンを持つ「BMW」の傘になります。
自動車同様個性あふれるデザインは多くの人の目を引くであろうカッコイイデザインとなっています。

シンプルデザインが多いのでぎしゅつ用そしてビジネスの時にも使いやすい傘になっています。
折り畳み傘もありますので、会社や学校に置いておく傘としてもご活用ください!

楽天で販売している「傘」


【 BMW 純正 クーポン対象 】BMW M Motorsport アンブレラ ジャンプ式 ワイド サイズ 収納袋 傘 ロゴ


【 BMW 純正 クーポン対象 】BMW M Motorsport アンブレラ 折りたたみ ジャンプ式 傘 収納袋 ロゴ


【 BMW 純正 クーポン対象 】 アンブレラ 折りたたみ傘 カラー ダークブルー 持ち手にBMWロゴ 自動開閉式 BMWアクセサリー グッズ


【 BMW 純正 クーポン対象 】 フォールディング アンブレラ / 折りたたみ 傘 Mシリーズデザイン 開傘時直径:約98cm ンドルはABSおよびリアルカーボン製


BMW純正 アンブレラ 傘 (ダーク・ブルー)


BMW純正 フォールディング・アンブレラ 折りたたみ傘(スペース・グレー)


【 BMW 純正 クーポン対象 】 ゴルフ・アンブレラ/ブラック 傘


【 BMW 純正 クーポン対象 】BMW Golfsport ゴルフ アンブレラ 傘 ジャンプ式 防水 UVカット ロゴ

Amazonで販売している「BMW」の傘

Amazon | 【BMW LIFESTYLE : BMW COLLECTION】アンブレラ(折りたたみ傘) | ギフト | 車&バイク
【BMW LIFESTYLE : BMW COLLECTION】アンブレラ(折りたたみ傘)がギフトストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Bitly
Bitly
Amazon | tyco BMW Motorrad British Super Bike Official umbrella Team TAS Racing 傘 | 服・ファッション小物 | 車&バイク
tyco BMW Motorrad British Super Bike Official umbrella Team TAS Racing 傘が服・ファッション小物ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | BMW ゴルフスポーツ 機能的な傘 | BMW(ビー・エム・ダブリュー) | スポーツ&アウトドア
BMW ゴルフスポーツ 機能的な傘がスポーツ&アウトドアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
自動車再編とBMW

国産車メーカーはトヨタ・日産・ホンダの3社が中心となった3つのグループに分かれるのが確定しました。

王者トヨタは傘下のダイハツを始め、マツダ・スバルと資本提携を結ぶなどして、これからの新時代に向かおうとしています。
そして先日このグループに新たな仲間が加わる事になりました。

それは近年コンパクトカークラスでの躍進がめざましい「スズキ」です。 
お互いの株式を購入する提携へと更にがっちりと深い関係になるようです。

フォルクスワーゲンとはうまくいきませんでしたが、スズキは単独で乗り切れるとは思っていなかったようで、国産では大きなシェアをもつ巨人トヨタを新たなパートナーとして共に歩む道に進むようです。

とうとうターボまで電動が発売されます。 ハイブリットもさることながらEVも電子パーツというのは必要不可欠になります。

こうしたパーツなどの開発は時間もそうなのですが、資金も人も多くのコストがかかります。なので中規模迄のメーカーにとってはこれは死活問題なのです。

売れないからやらなければいけないが、先の見えない開発競争はシンドイものです。
そこでグループとしてやらざるをえないというところなのです。

今までは国内メーカー同士が多かったですが、海外勢との提携も始まっています。
トヨタはBMW
日産はメルセデスベンツ
ホンダはGM

などさらに一歩踏み込んだ提携が近年増えてきているという印象です

次はどこがびっくりするような展開を見せてくれるのでしょうか?
たのしみですね~!

コメント